当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


ビットコイン以外の仮想通貨の中には独特の動きをしている通貨はいくつも存在します。

その中でも、2018年2月のリップルの動きは注目に値するものでしょう。
今回は、ここ最近のリップルの動きについてみていきます。

気が付いたら世界はとんでもない方向に動いていた!
なんてことが、本当に起こってしまうほどの速度で様々なことが出てきています。

リップル(ripple/XRP)の概要を簡単に

リップルの構想は、基本的にはリップルだけで決済手段になるといったことは考えておらず、通貨と通貨の橋渡しをするブリッジ通貨というものを目指しています。

例えば、現在日本円から発展途上国の銀行口座に現地のお金で振り込もうと思うと、円をドルに変換して、そのドルを現地のお金に変換するという2重の取引を行うことになります。このドルが行っている橋渡しをリップルが行おうというのです。

仮想通貨の特徴である手数料や管理料の安さに注目することで、送金手数料を大幅に落とすことが出来ると期待されています。また、送金というものに注力している結果として、スケーラビリティ問題にも早くから対処していたため、ほかの仮想通貨に比べて送金詰まりや遅延などといった問題が起こりにくいことが知られています。

現在では、日本の3大メガバンク及びゆうちょ銀行でもリップルを活用しようとする構想が出来上がっており、海外でも大きな銀行やベンチャーキャピタルなども注目している仮想通貨です。送金の手数料や安全性を高める仮想通貨リップルは、2018年も目が離せない仮想通貨として注目され続けるでしょう。

リップル(ripple/XRP)2月の大きな動き

全世界の送金の手数料を減らす。この構想について大小さまざまな銀行が前向きに考えています。

そして2018年2月にいたって、リップルは大きく活動しています。ぜひ注目していきましょう。

2月1日 アメックス(American Express)

世界最大級のクレジットカード会社アメックスとリップルが提携したというニュースです。これは、ブロックチェーンベースの決済を実現したということで、非常に注目を集めています。そもそもクレジットカードという世界は、契約と承認の連続で出来上がっており、最後に現金が追いかけていく仕組みです。この契約と承認の連続という仕組みは、仮想通貨のブロックチェーン技術と非常に相性がいいことで知られていました。アメックスとの提携はリップルが大きくプレイヤーを獲得する足掛かりとして期待されています。

2月7日 Yahooカンファレンス

Yahooが開催する「Yahoo Finance All Markets Summit:Crypto」というカンファレンスにリップルのCEOが招待されました。Yahooも2018年は仮想通貨事業に対して積極的に動き出すかもしれません。インターネットと仮想通貨は言うまでもなく相性抜群ですからね。

2月8日 カナダにて

リップルがカナダでも承認されました。カナダ最大の仮想通貨取引所である「Coinsquare」にてリップルの取り扱いが始まったのです。基本的にUSドル建てでの取引となりますが、それでもカナダにいるプレイヤーをリップルが取り込める可能性が出てきました。

2月13日 UAE Exchangeと提携

UAEで海外送金を中心に活動しているUAE Exchangeとリップルの提携が正式に決まりました。UAE Exchangeの代表取締役も、仮想通貨のブロックチェーン技術についてはかなり注目していたようです。ついに中東にもリップルは足掛かりを手に入れました。

2月15日 サウジアラビア通貨庁と!

リップルの構想には、中央銀行との提携も欠かせないものです。その中央銀行ですが、サウジアラビア通貨庁との提携も決まりました。これにより、サウジアラビア国内すべての銀行がリップルと提携したのと同じことになるでしょう。リップル構想の参加者はさらに増えていくことは間違いありません。

リップル(ripple/XRP)3月の大きな予定

また、2018年3月には、8日にアフリカで、13日にシンガポールで、それぞれ大きな会合への出席が決定しています。

こうした会合ではリップルの方針や考え方、技術進歩の可能性や方向性などが語られる可能性があり、相場も非常にポジティブなものに動きやすいのです。また、13日のシンガポールの会合は、GoogleやJCBといった大手企業もスポンサー企業として参加しており、注目度は非常に高いものになっています。

 

リップル(ripple/XRP)の可能性とは

最終的に銀行間のやり取りはすべてリップルによって決定するという日が来るかもしれません。

そもそも、全世界の金融機関の間では、「安全で素早い決済」を実現としようとする様々な国際機関が国境を越えて生み出されていますが、そのどれもが上手くいっていないのが現状です。これには、現金という仕組みの限界が、送金技術の壁となっているといわれています。

しかし、仮想通貨にはこの壁を容易に超えるブロックチェーン技術という技術があり、各国の金融機関で期待されているのです。一つの特徴で一点突破を目指しているリップル。もしかしたら2018年中に、ビットコインに次ぐ第2位の地位を確立しているかもしれませんよ。

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

ちなみに、

実際に著者である私もリップルには期待していてメイン通貨として大量に保有しています。

現状の仮想通貨正に仮想の期待だけで価格が上がったり下がったりしていますが、最終的に生き残り、価値を高めてゆくにはどれだけ実需があるかという事です。このように考えた時、数千とある仮想通貨の中でリップルは限りなく最後まで生き残り、大きくなってゆく通貨の1つでしょう。

リップルの可能性に共感し購入するのなら数年間は寝かせることをおすすめします。

それだけ、将来という長い目で見て期待できる通貨がリップル(ripple/XRP)だという事です。

リップル(ripple/XRP)の売買ならビットバンク一択

取引手数料が-0.05%!リップルを取り扱うオススメ取引所!
・2014年5月設立。
 ・取引手数料が-0.05%。(短期の売買に強い)
・FXトレードが行いやすく、追証なしでレバレッジ20倍まで行えます。
リップル、ライトコインが他の取引所よりもお得に購入できます。
金融庁登録済みの仮想通貨取引所
ビットバンクはビットトレードを運営するビットバンク社が、ライトユーザー向けに新たに立ち上げた仮想通貨取引所です。 ビットコイン以外にもイーサリアム、ライトコイン、リップルを扱っており、全て板取引できるのが特徴です。 (特にリップル/XRPの板取引ができるのは国内でここだけなのでリップラーは登録必須の取引所です。)

 

 

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。