仮想通貨への投資で利益を得る

仮想通貨は、為替と同じような差額による利益を出す取引ができるので、

魅力を感じた人たちによって注目を集めています。

仮想通貨はまだまだ小さな市場が急速に拡大している最中ですのでとても大きな利益を出せるのです。

それは、2017年11月から1月にかけてのわずか2ヶ月の間だけで市場規模が3倍にも拡大した事実からもわかります。

仮想通貨は今まで何度も暴騰暴落を繰り返す大きな値動きを経てその市場規模を拡大してきています。

それでも金融商品としてはまだまだ規模が小さいため伸びしろが大きいといえるでしょう。

仮想通貨(暗号通貨)の将来性

一方では仮想通貨の将来性に不安を持っている人も少なくはないでしょう。

 

「セキュリティの問題は大丈夫なのか?」

「将来ちゃんと使えるようになるのか?」

「何のために存在しているのか?」

という声は、後を絶ちません。

 

いまのところ現実的には、

仮に仮想通貨を発行している企業(開発陣)が倒産をしたとしても、

その通貨自体の価値が急にゼロになるということはありません。

 

現在、すでに仮想通貨市場は一定の規模があり、その通貨を所有している人も世界中にいます。

所有している人たち、必要としている企業による需要があるので今後も通貨自体は存在し続ける事でしょう。

 

仮想通貨においては、ついさっきまで使っていた通貨の発行元が急になくなったからといっても、

取引をしている人たちにとって発行主体がどこかということはあまり重要なことではないのです。

 

なぜなら、その通貨の持つ能力に魅力を感じて取引(購入)をしているからです。

なので、発行主体がどうなろうが関係なく、できれば今後も続けて使い続けたいのです。

 

しかし、発行している大元が倒産した時、開発チームが研究を辞めてしまったら、

発行している仮想通貨がその後実際にどうなるのかはその状況が発生しなければわからないことです。

 

仮想通貨の将来性を上手に見極めたいならば、

その通貨を発行している企業や開発チームを見て将来性があるのかを考えていく必要があります。

仮想通貨取引所

また、その通貨を取り扱っている取引所の信頼性を見ていくこともとても重要です。

 

仮想通貨取引所は一つの企業です。

企業とは利益が出ることによって運営が成り立っているものなので、取引所もまた利益を出し続ける必要があります。

 

取引所は利益を出せない状況になれば当然倒産してしまいます。

そして、倒産した取引所では仮想通貨の取引ができなくなります。

 

取引所は一つではなく国内だけでも無数にあり、世界で見れば更に多くの取引所があります。

 

よって、1つの取引所がダメになったからと言って仮想通貨の取引が全くできなくなることはないため、各大手取引所に取り扱いのある通貨であれば取引できなくなるなどの心配はありませんが、

一部の小さな取引所でしか扱いのないマニアックな通貨に関してはそこが潰れてしまえば

そもそも取引できなくなってしまうリスクも少なからずあるのであまりおススメは出来ません。

法定通貨・日本円

一方で、日本円などの法定通貨は政府が発行する通貨です。

なので、国がなくならない限りは通貨として保証され続けます。

特に日本のような、世界的に見ても極めて安定した国では、

法定通貨が発行されなくなるということは現状考えにくいことです。

 

国際的な金融危機などの有事の際に、世界で日本円が買われるのは、

日本の政治が安定しており通貨の発行も安定して行われ続けると信用されているからなのです。

将来性から判断する仮想通貨(暗号通貨)

もしあなたが仮想通貨の将来性に不安を感じるならば、無理をして投資をする必要はないでしょう。

ただし、少しでも興味があるのであれば、まずは仮想通貨の事を勉強して知ってください。

仮想通貨の将来性というのは簡単に一言で説明できることはないのです。

そのためには引き続き当サイトの仮想通貨入門記事を読み進めていただければ幸いです。

 

そして実際に投資をする際には最低限その購入しようとしている通貨の事を知りましょう。

各通貨、機能・性能が違い、尚且つ必ず意図があり、ビジョンがあります。

 

「上がりそうだから買う」という考えでは投資とは言えませんので

最低限の情報収集はした上で短期的長期的に期待を込めて保有しましょう。

 

それでも仮想通貨は発展途上が故に今後も何度も急激な価格の上昇や下落を繰り返していきます。

その過程で、自分が保有する通貨が大きく価値を落としてしまうことも時にはあるでしょう。

 

その時に、自分が保有している仮想通貨の将来性に期待して応援する気持ちがなければ

価格が下落した際に不安になり手放してしまう事で資金を減らしてしまうかもしれません。

 

「自分が購入し保有する通貨にはどのような意図があり何が長所なのか?」

「今後の私達の生活にどのような影響を与えてゆくのか?」

 

このような事まで考えて保有通貨に期待しているのであれば直近での価格の上下など気にせずにいられるでしょう。

 

仮想通貨の市場はまだまだ小さいため短期的に大きな価格の上下を繰り返しながら

長期的には市場を拡大しながら各通貨の価値もまだまだ伸びてゆく事が期待できます。

広い範囲で見ましょうということですね。

短期・中期・長期で取り組む仮想通貨投資(暗号通貨)

仮想通貨を投機として取り組んでいる人の中にはデイトレードという、

1日のうちに何度も差額を狙った売買を繰り返して、利益を得る取引方法をしている方もいます。

しかしこれは素人がやっても資金を減らすだけになる可能性が高いので頻繁な売買はあまりおすすめしません。

 

仮想通貨は値動きが激しいことから上手く出来れば短期であり得ないほど大きく利益を上げる事が出来ます。

しかし反対に値動きが激しいという事は短期間で大きく資金を減らしてしまう可能性もあるという事。

 

このようなハイリスクハイリターンの勝負の中では特に素人は失敗する可能性が高いです。

 

基本的に投資、相場の世界では全員が儲けるという事はありえませんので、

利益を上げている方がいるという事は損をしている方がいるという事。

 

このような事を考えると投資初心者は自分がきちんと応援できる期待通貨に対して

中長期で見て保有し続けることが現状の仮想通貨市場において最も損をしにくい取り組み方だと言えるでしょう。

 

また、長期的な保有をして数年後に高額な利益を得ようという考えを持つ人も非常に多いです。

この記事の著者もメインで保有する通貨に関しては数年~寝かせるつもりで購入しています。

 

それだけ将来性があると思える通貨を選べば価格の乱高下など気にせず平常心でいられますし、

本業に支障を出さずに片手間で仮想通貨に寄り添うことが出来ます。

 

よって、

忙しいけれども現状の仮想通貨バブルの恩絵を受けたいと考える方は、

固い通貨に貯金感覚で資金を入れておくことがおすすめですね。

仮想通貨(暗号通貨)の将来についてまとめ

仮想通貨の投資には、多種多様な方法があり、現状大きな利益を得ている人が非常に多いですが、

勘違いしてはいけないのが、どのパターンにも確実に成功できる方法というものはないという事。

 

投資というものは、自身が自分で判断をしなければいけないのです。

最終的に決めるのは自分ですので、投資での責任はすべて自分自身が負います。

たとえ投資で失敗をしたとしても、他の誰の責任でもありません。

投資は自己責任であるということを前提にして行いましょう。

 

また、将来の市場のことをある程度予想できたとしても、100%確実に未来を当てることは誰にもできません。

「経済は生き物」という言葉があるように、投資市場も人の生活や心理に大きく影響されて価格を上下させているのです。

 

人の生活や心理が、いつどのように変化するのかを正確に予想するのが難しいように、

それに連動する市場も簡単には予想できないというのが投資の実態であり本質なのです。

 

だからこそ当サイトでは仮想通貨へ投資をするにあたりのめり込みすぎる事はやめて

余力の資金の範囲内に抑えた片手間で取り組んでゆくくらいが丁度良いと考えています。

 

「投資は余力の範囲内」

これを徹底して未来を担う通貨に期待し保有して応援してゆきましょう!

そして少しでも仮想通貨のことや市場の流れを理解するためにも引き続き情報収集をしましょうね^^

 

 

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

こちらもエアドロップ有!Firopは世界的な水不足を解決するためのプロジェクト
AR技術とゲームクリエイターを応援するためのプロジェクトGeAR

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で