当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


bitFlyer(ビットフライヤー)とは

ビットコインの取引量日本一bitFlyer

bitFlyerは日本最大の取引所であり、女優の成海璃子さんを起用したTVやWEBのCMもよく流れている事から、暗号通貨を知らない人にまで最も認知されている日本を代表する取引所です。

ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、Lisk(LSK)など世界的に有名な通貨を取り扱い、モナコイン(MONA)という日本人に根強いファンの多い日本で生まれたコインも取り扱っています。

ビットフライヤーは日本の取引所の中ではトップクラスの資本力を持ち、既に海外にも進出しています。
また、ビットフライヤーをおすすめする理由はセキュリティの高さにあります。
私は現在ビットコインの保管所的な感覚でビットコインを保有する場合はビットフライヤーに置くことがあります。

ビットフライヤーでは不正に日本円が出金された場合の損害を
資産100万円以内は最大10万円、それ以上は最大500万円まで補償してくれています。

 

ただし、ビットフライヤーではビットコイン以外の売買は基本的に行いません。
その時にもよるのですがビットフライヤーは通貨の価格・手数料が高いからです。

(ビットフライヤー内のビットコイン販売所の価格は高いことが多いので使わない
 ⇒ ビットフライヤー内で売買するならビットコイン取引所を使う)

 

通貨の全体の値が他の取引所よりも高くついている事が多く、売りと買いの金額に異常な開きがあることが多いのでビットコインの売買の際には特定の取引所だけではなく、各取引所をチェックしてから売買を行うようにしましょう。

また、Zaifのサーバーが落ちてしまうことなど考えるとアクセスが増大するような出来事の際にはビットフライヤーとZaifに資産を分けておくことでサーバーダウンによる売買の機会損失を極力なくす対策となります。

 

 

 取引所の口座開設には本人確認が必要なため多少時間がかかります。
 後回しにしているといざ購入したいと思った時に購入できずに始めるタイミングを逃し続ける事になっていしまいますので、このページからまとめて口座開設手続きを済ませておきましょう!

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法


説明動画を新たに用意しました。

 

心安全な日本最大の取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の口座を開設しよう!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メールアドレスを入力してユーザー登録をします。

※FacebookやYahoo・Googleから情報を関連付けて簡単にアカウントを作ることも出来ます。

登録 ⇒ https://bitflyer.jp/

 

メールアドレス登録後以下のメールが送られてきます。

キーワードと初回パスワードを確認したら記載のURLをクリックしログインしてゆきます。

キーワードを入力してアカウント作成をクリック。

 

上記の画面になりますので各項目にチェックを入れてbitFlyerをはじめるをクリックします。

これでメールアドレスの登録が完了です。

 

本人確認等をしてトレードクラスの口座を開設する

bitFlyer(ビットフライヤー)ではアカウントのグレードがウォレットクラスとトレードクラスに分かれています。

トレードクラスにしなければ仮想通貨の購入と売却が出来ませんのでトレードクラスへのグレードアップが必須となります。

 

ログインすると下記の画面になります。

 

アカウントクラスをトレードクラスにするために赤枠の「アカウント情報」から

「ご本人登録情報」「本人確認書類の提出」「携帯電話認証」「銀行口座情報確認」の作業を進めていきます。

 

銀行登録と本人確認書類で作成でトレードクラスへ、

ハガキを受け取って口座開設完了となります。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)への入金方法

日本円を取引所内に入金することで取引所の中で日本円で各通貨を購入することが出来ます。

仮想通貨を日本円に戻す場合は逆の手順を踏めばOKです。

ビットフライヤー公式FAQ

https://bitflyer.jp/ja-us/faq/deposit

bitFlyer(ビットフライヤー)での通貨の購入方法

ビットフライヤー公式FAQ

https://bitflyer.jp/ja-jp/faq/4-4

 

お疲れ様でした!

これでbitFlyer(ビットフライヤー)で通貨の売買が出来るようになったはずです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)を使う目的

ビットコインの取引と保管。

また、万が一Zaifのサーバーが落ちてしまうことなど考えるとアクセスが増大するような出来事の際にはビットフライヤーとZaifに半分ずつ暗号通貨資産を置いておくことでサーバーダウンによる売買の機会損失を極力なくす対策となります。

面倒であればビットフライヤーに関しては使わなくていいですが、いざ通貨を売買したい時や、1か所に仮想通貨資産を固めて置かないようにする事などリスク分散の意味でも口座開設は早いうちに済ませていつでも使える状態にしておくべきです。

ビットフライヤーをメインで使うのはビットコインをメインに保有する人だけでいいと考えますが、国内最大手の取引所ですので手数料が高くとも安心感がります。

今後仮想通貨資産が膨らんできた場合に分散保有をするための場所として必ず口座開設しておきましょう。

それでは無理しすぎない程度により良い仮想通貨生活を過ごしてゆきましょう^^

 

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。