当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

REGAIN(リゲイン)の将来性


REGAIN(リゲイン)という仮想通貨ICOが注目を浴びているのをご存知ですか?

REGAINは数ある仮想通貨の中でもREGAINは少し毛色の違うものになります。

REGAINのプロジェクトが上手く進めば誰もが一度は夢に描く「不労所得」での生活が将来できるかもしれません。

このページではREGAIN(リゲイン)の将来性についてホワイトペーパーを元に特徴を分かりやすく解説してゆきます!

REGAIN(リゲイン)ICO:日本語ホワイトペーパー

日本語字幕付きプロモーション動画

 既にREGAINを早い段階で購入している方への配当が行われています。REGAINの将来性に投資したいと考えるならば早めに購入することをおすすめします。

REGAIN(リゲイン)の将来性をホワイトペーパーから読み解く

まず将来性を語るにはREGAIN(リゲイン)がどのようなプロジェクトなのかを知る必要がありますので、ホワイトペーパーから読み解いたREGAINの説明をメインに将来性を見て頂ければと思います。

REGAINについて一言で言うと「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、ビットコイン市場の安定の実現」を目的とした仮想通貨ICOプロジェクトです。

ちなみにREGAINの通貨単位はREGと表記されます。

REGAINではプロジェクト行程の中で発生するマイニング報酬を、参加者(REG購入者)に分配してゆきます。

このことからREGAINは不労所得を得られる可能性のあるという事で非常に人気のある仮想通貨ICOで話題を呼んでいるのです。

REGAINの将来性を判断するためのワード「マイニング」

ホワイトペーパーからREGAIN(リゲイン)の将来性を判断してゆきたいのですが、

REGAIN(リゲイン)プロジェクトのキーとなるのが「マイニング」です。

マイニング報酬の分配により購入者が将来的に不労所得を得られるのがREGAINの魅力ですので、まずはマイニングについて理解してゆきましょう!

ビットコインとマイニングを簡単に説明

ビットコインはブロックチェーン技術を使って決済(送金)情報を低コストでスピーディーに、かつ安全に行うことができるとして今後のグローバルなキャッシュレス社会にとても重要なポジションにあります。

その核となるのがマイニング作業です。

マイニング作業は決済情報のデータをブロックチェーン上に書き込んでいくことであり、この作業を終えたものから決済されてゆきます。よって、マイニングをいかに早く正確に行えるかは非常に重要な事なのです。

もしもマイニング作業が遅れると、決済・送金するのに時間がかかってしまいます。

更には、仮にマイニングが正確に行われなくなってしまうと決済・送金が出来なくなってしまいます。

 

そして、いち早くマイニング作業を終えたコンピュータに報酬としてトークン(ビットコイン)が配布されます。

これがいわゆる「マイニング報酬」と呼ばれるものですね。

つまりマイニング報酬を得るには他よりも早く正確に情報処理を行う必要があるということです。

マイニング作業はビットコインを掘ると表現されるのがこのような理由であり、企業・個人問わずマイニングを行う人が多くいるのがマイニング報酬目当て、こうして仮想通貨の価値が保たれているのです。

マイニングについてもっと詳しく知りたい場合は以下記事をご覧ください。

 

マイニングに関する問題

報酬を得るためにマイニングを行っているのは企業・個人問わず世界中に星の数ほどいるわけですが、実は現状、企業がマイニング作業をほぼ独占しています。

 

以前は個人レベルでもマイニング作業に参入することができたのですが、企業が莫大な資金力を武器にマイニングするようになったことで状況は変わってしまったのです。

企業がハイスペックのコンピューターとそのコンピューターや冷却装置を動かすための大量の電力、コンピューターを置くためのスペースを用意してマイニング作業をしてしまうと個人の力ではとても敵いません。

 

そして現在マイニング作業全体(ビットコイン)の約70%を1つの企業が担っています。

ビットコインの重要な役割であるマイニング作業のほとんどを1つの企業が集中的に行っているというのは非常に危うい状態なのです。

その企業の方針の変更やトラブルが、ビットコインに対して大きな影響力を持つようになるからです。

あくまで噂ですが、このマイニング企業が意図的にビットコインの価格を動かしたという憶測も飛び交っています。

現状、仮想通貨の基軸通貨としての機能もあるビットコインの価格を、1つの組織が変えることができる状態がどれだけ危ういかは簡単に想像できると思います。

 

そしてこのような一部の企業が大きな力を持ってしまう事で生じてしまうもう一つの問題が、

仮想通貨の魅力である非中央集権型ネットワークという概念がなくなってしまうという事です。

 

ビットコインをメインとして仮想通貨の多くはP2Pネットワークという「非中央集権型ネットワーク」を構築しています。

これは1つの組織が一括管理するのではなく、ユーザーがそれぞれ管理しお互いが監視し合うことを指します。

今までの中央集権型のやり方だと余分な中間マージンが発生したり、そこのシステムがダウンすれば全く使えなくなったり、その組織で不正が行われても発覚しにくかったりというデメリットがあるのですが、ブロックチェーン技術を使ったP2Pネットワークならそれが払拭できるというのが大きな特徴でした。

これにより世界中皆で共通の価値を持った利便性の高い通貨となるのがビットコイン。

しかしほぼ独占されたマイニング作業になってしまうとそれを崩壊させる恐れがあるのです。

 

現状のマイニングマシン業界のシェアが以下のグラフになりますが、去年時点でA社が64%を占めており、このまま進むと来年2019年にはA社が80%を占めると予想されています。

これでは常にビットコインの価値を意図的に操作されてもおかしくない状態です。

将来的にいつ価格操作されてしまうかという不安が常に付きまとう深刻な問題です。。。

REGAINにより健全なビットコイン市場を目指す

将来的に仮想通貨市場を脅かす種となっているマイニング問題を立て直すためのプロジェクトがREGAIN(リゲイン)。

REGAINが目指すのはいろいろな人や組織がマイニングしていた元の健全なビットコイン市場です。

そのためにはクリアしないといけない課題がいくつかありますので、REGAIN(リゲイン)の将来性を見極めるためにも課題点を明確にしてゆきます。

課題1:初期投資費用

マイニングをするにはハイスペックのマイニングマシンを用意しないといけません。

これには初期投資として莫大な金額が必要です。

この初期投資の金額をできるだけ抑えることがポイントですね。

課題2:設置費用

マイニングマシンを置く場所代ということですね。

とても大きな倉庫にマイニングマシンを何百~何千と並べてマイニングしている企業に対抗していく必要があります。

課題3:大量の電力とその費用

ハイスペックのマイニングマシンを動かすには大量の電力の確保が必要です。

大量に電力が必要ということはそれだけ電気代もかかるということですね。

さらマシン自体がかなり高温になるため、それを冷やすための装置をも用意しないといけません。

一般的には冷却ファンを使うのでその電気代や、場所によっては空気を冷やす装置も取り付ける必要があります。

そうなるとさらに電気代がかかります。

マイニングをする上で一番のネックになるのがこの電気代でしょう。

課題4:既存のマイニング企業との共存

マイニングを1つの企業に独占させるのは危険ですが、何もその企業を打ち倒す必要はありません。

ビットコインの情報処理が早くなるのはいいことです。

共存関係が作れるに越したことはありません。

REGAIN(リゲイン)が将来どうしてゆくのか

先程までに説明した問題に対してREGAIN(リゲイン)がどのようにして元の健全なビットコイン市場に戻すかというのを簡潔に説明すると、「圧倒的に優秀なマイニングマシンを開発してそれを供給する」ということです。

性能の高いマシンで資金力に対抗しようというのがICOから始めるREGAIN(リゲイン)プロジェクトの主軸になります。

REGAINに高性能なマイニングマシンが作れるのか?

将来REGAINプロジェクトを成功させるには

「圧倒的に優秀なマイニングマシン開発」、

これが出来なければ話になりません。

まず、REGAIN社はビットコイン初期からマイニング技術に関わってきて、マイニングマシンの製造にも携わってきています。

マイニングマシンの製造では老舗というイメージですね。

そしてCEOであるダン・アフレックもマイニングマシン業界で数々の実績を残してきている人物です。

2017年末までに開発されているマイニングマシンも従来のマシンに比べ情報処理能力は約2割ほど高く、当然ながらマイニング報酬を獲得する確率も高くなります。

情報処理能力をを表すハッシュレート(Th/s)は他社が14Th/sに比べ、

REGAIN社のマイニングマシンは16.6Th/sとなっており、ゆくゆくは30Th/sを目指して開発が進んでいるようです。

4つの課題に対してのREGAINによる解決案

REGAINが開発するマイニングマシンの情報処理の性能が高い事は理解できました。

しかし具体的に前述した課題がどうやって解決されるのか?

一つ一つREGAINのホワイトペーパーから読み解いたので簡潔に説明してゆきます。

①初期投資金額⇒無償提供をする

REGAINはハイスペックなマイニングマシンをなんと無償提供することで初期投資費用をゼロにします!

これにより参入ができなかった個人や企業が参入しやすくなります。

②設置費用⇒省スペースで済む

マシンの性能が高いのでマイニング報酬を得られる確率が上がります。

そして後述しますが冷却装置も省スペースで済むため、大きな倉庫を準備しなくてもマイニング報酬を得ることができます。

③電力と電気代⇒消費電力の削減と冷却性能をアップ

REGAINのマインニングマシンの消費電力量は他社のマシンより2割ほど少なく、電気代もそれに比例して安くなります。

更に冷却性能も従来のマシンより倍の性能があり冷却装置を別で用意しなくて済みますし、その稼働にかかる電力・電気代も削減することができます。

④既存の企業との共存⇒マイニング企業にも提供する

REGAINのマイニングマシンは既存のマイニング企業にも提供しています。

マシンの販売はすでに始まっているようで、マシンの性能の高さからかマイニングマシンのシェアが2017年の1年で9%から倍以上の19%になっています!

REGAIN(リゲイン)プロジェクトに参加して毎月配当を得よう!

REGAIN(リゲイン)の利益の上げ方

ここまででREGAIN(リゲイン)がどのように現状の問題を解決してゆくのかホワイトペーパーから読み解いた内容を分かりやすく説明してきましたが、ICOに投資をしようとする私達にとって重要なのは構想だけでなくREGAIN(リゲイン)に将来性があるかどうかです。

マイニングマシンの無償提供など羽振りのいい話ですが、REGAINはどうやって利益を上げるのか?

 

実はREGAINはマシンの販売ではなく、そのマシンがマイニングで得た報酬の半分をマシン所有者と50:50で折半することで利益を上げる予定です。

詳しくは後述しますが、そこからさらに分配をしていきますので、実際はマイニング報酬全体の2割ほどがREGAINの利益になります。

 

よって、無償提供をしてもマイニングマシンが普及すればするほど利益になるというのが

REGAIN(リゲイン)のICO参加者=仮想通貨REGを保有する方が収益を得られる仕組みなのです。

 

REGAINの提供するマイニングマシンから見る将来性。

マイニングマシンは日進月歩でその性能を上げていきます。

皆さんが持っているスマホも2年もすると新商品と比べればかなり性能が劣っているのと同様に、マイニングマシンも次から次に高性能のマシンが出てきます。

マイニングマシンの場合は半年もすれば従来品よりかなり性能が上がると言われています。

ですので、マイニング報酬を安定的に得るには定期的にアップデートが必要で、従来ならマシンの買い替えていまいしたがその度に莫大な費用が発生していました。

 

この課題に対してREGAINは出来る限りコストのかかりにくい方法で解決します。

 

REGAINならマシン代はかからないにしても性能のアップデートは必要です。

そこでREGAINはマイニングマシンをオンラインでアップデートをするようにしています。

 

以下ホワイトペーパー記載の遠隔操作の図です。

 

普段私達が使っているPCの更新をイメージしていただければ理解しやすいかと思います。

更にはマシンに異常が発生してもオンラインで対応できる範囲であればしてくれるようです。

常に安定的にマシンが稼働し続けるという事からも、

REGAIN(リゲイン)は盲点を払拭した非常に将来性のあるプロジェクトだとホワイトペーパーから読み解く事が出来ます!

REGAIN(リゲイン)プロジェクトに参加して毎月配当を得よう!

REGAIN(リゲイン)ICO参加者への特典

REGAIN(リゲイン)は仮想通貨ICOを行いREGトークンを販売することで調達した資金を使い、マイニングマシンのシェア拡大を図っています。

ICOで購入者の目的として多いのは新規仮想通貨を安いうちに手に入れて、その企業が成長すればその仮想通貨の価値が上がってキャピタルゲイン(差額益)を得るというものですが、REGAINのICOは少し違います。

 

REG所有者は毎月配当として分配金が配布されます。

これはREGAINのマイニングマシンが報酬として得たBTCをマイナー(マイニングしている個人や企業の総称)と折半してREGAINが得たBTCから捻出されます。

要はREGAIN(リゲイン)の将来性に期待し応援出資したICO参加者は、

毎月REGAINのマイニングマシンにより得る報酬の一部を受け取ることが出来るという事です。

何もせずに保有しているだけで配当が受け取れますので、参加者にとっては非常に有益な条件です。

REGAIN ICO参加者(REG保有者)へ配当はBTC

上記の通り配当はBTCで支払われますので、為替やBTCの価格変動も考慮して考えて見ましょう。

外貨預金やFXなどをしたことがある人ならご存知だと思いますが、レートによって価値は大きく変動します。

価格変動による配当収益の例

1BTCが1万米ドル、1米ドルが106円なら

5万米ドル(530万円)で0.037BTC(196,100円)/月となり、

BTCや為替レートが同じなら2年3カ月で倍になる計算ですね。

米ドル為替レートは今まで75~120円で推移してますので2~3割程度の増減がリスクとして考えられますし、今後のBTCの発展によっても増減がある事だけは十分理解しておく必要があります。

しかし増減があるにせよプラスが大きくなるか小さくなるかなので、大きな問題ではないでしょう。

むしろ仮想通貨はまだまだこれからという伸びしろの大きい市場ですので、将来的にBTC自体の価格が大きく伸びてゆく事が期待出来ます。

となると毎月受け取るBTCの配当が価格変更により日本円に換算した場合の価値がどんどんと大きくなり、

結果的にREGAINがとんでもない高配当を受けられる投資先になる可能性は非常に高いということも考えられますね!

REGAIN(リゲイン)の仮想通貨ICO詳細

REGAINのICOは4段階のクラウドセールに分かれていてすでに第1段階は終了しました。

第1段階でREGAINのICOに参加しREGトークンを購入している方は3/15日よりマイニングマシンが稼働開始となっており、4/15日から配当が開始になります。

第1段階は既に終了してしまったので詳しい説明は割愛しますが上記の通り既にマイニングマシンの稼働による収益を受け取り始めるのです。

 クラウドセール第1段階に関して詳しくはホワイトペーパーにてご確認ください。⇒REGAIN公式ホワイトペーパー

 

REGAINはクラウドセール毎に価格が上がってしまいます。
(早い段階であるほど低価格での購入が可能という事。)

そしてマイニングマシンも各段階に合わせて稼働しますので、早く参加した方は毎月の分配金も早く手に入れることができるため、REGAIN(リゲイン)に将来性を感じつつもまだREGトークンを購入出来ていない方は早めにREGAINのICOに参加することをおすすめします。

 4/15深夜に第1段階で購入した方への初日配当が無事完了しました。配当確認後に買いが殺到している状態ですので本来予定していた第二段階期間前に売り切れになる可能性も考えられます。REGAINの将来性に投資したいと考えるならば早めに購入することをおすすめします。

 

現在セール中の第2段階で購入した方は8/15より配当が受けられます。

 

以下、REGAIN(リゲイン)公式ホワイトペーパー参照

REGAINクラウドセール第2.5段階

1RSC=500米ドル

・発行上限 10000RSC

・期間 2018年6月1日pm12:00~2018年5月30日pm12:00

・マイニングマシン稼働開始 2018年8月1日

・配当開始 2018年9月15日

・報酬 1RSC=0.00525BTC/月(報酬見込み)

・月利 10.5%

・年利 126%

・3万ドル以上の購入者に5%のボーナス

・ボーナス付与対象者の月利 11.3%

・ボーナス付与対象者の年利 135.6%

REGAINクラウドセール第3段階

・1REG=5200米ドル

・発行上限 15000REG

・期間 2018年7月1日pm12:00~2018年8月15日pm12:00

・マイニングマシン稼働開始 2018年10月1日

・配当開始 2018年11月15日

・第4段階で使える第3優先権獲得

REGAINクラウドセール第4段階

・1REG=4000米ドル

・発行上限 35000REG

第1優先期間 2018年10月 1日pm12:00~2018年10月15日pm12:00

第2優先期間 2018年10月15日pm12:00~2018年10月22日pm12:00

第3優先期間 2018年10月22日pm12:00~2018年11月 1日pm12:00

・期間 2018年11月1日pm12:00~2018年11月15日pm12:00

・マイニングマシン稼働開始 2019年1月1日

・配当開始 2019年2月15日

 各段階で発行上限に達した場合は期間途中でも終了となります。

 

REGトークンは早い段階のクラウドセールであればある程安い価格で購入することが出来ます。

そしてマイニングマシンも各段階に合わせて稼働しますので、

REGトークンを早く取得した人は第4段階までの間にも優先的に配当を受けることが出来ます。

当然ですが早く参加することによるメリットが非常に大きいので、REGAIN(リゲイン)に将来性を感じつつもまだREGトークンを購入出来ていない方は早めにREGAINのICOに参加することをおすすめします。

REGAINのICO参加(REGトークン購入方法)

 REGトークンを購入するためには公式HPに登録する必要があります。

以下のREGAIN公式ICOページよりメールアドレスを登録後すぐにメールが届きますので、そのメールに記載されたURLをクリックし名前等の必要事項を入力すれば登録完了です。

その後ご自身のREGAINアカウント内にあるアドレスへBTCを送金することで、REGAIN独自のウォレットにREGトークンが振り込まれるという仕組みになっています。

 詳しくは以下のREGAIN購入方法について詳しく書いた記事を参照ください。

REGAIN(リゲイン)の将来性 まとめ

ビットコインにとって重要な役割があるマイニングですが、それを1つの組織がほとんど独占してしまっている今の状態を打破し、かつての誰でもマイニングできていた状態に戻すためにREGAINは動いています。

REGAINのホワイトペーパーによればREG購入者への分配金は月利5~6%、年利80~120%ととても大きなものになります。

銀行に預けておくのが馬鹿らしくなってくる数字ですね。
(銀行の金利などあってないようなもので何の資産運用にもなりませんから…)

 

2018年3月のG20でも仮想通貨はれっきとした資産として認められました。

ということはより高レベルのマイニング技術の需要も高まってくると予想されます。

このような状況からREGAIN(リゲイン)の将来性は有望なのではないかと判断できます。

 

ICOですので購入後すぐに爆上げするなどの直近利益を求めてはいけませんが、銀行にお金を置いているだけよりかは余剰資金でREGAIN(リゲイン)に投資をすることで、非常に有益な資産運用の一つになる事が期待できます。

REGAIN(リゲイン)のプロジェクトに賛同して参加している方は今後の配当もそうですが、将来的にREGの上場やREGAINのマイニングマシンが広まり健全なマイニング市場になってゆく事を楽しみに期待しながら恩絵を受けてゆきましょう^^

 

 4/15深夜に第1段階で購入した方への初日配当が無事完了しました。配当確認後に買いが殺到している状態ですので本来予定していた第二段階期間前に売り切れになる可能性も考えられます。REGAINの将来性に投資したいと考えるならば早めに購入することをおすすめします。

 

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。