当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


2018年になりコインチェック騒動・テザー問題など悪い噂に事欠かない仮想通貨は存続が危ぶまれているということも聞きます。

しかしそれはもう一度考えをめぐらす必要があります。

仮想通貨は今後のキャッシュレス化や日常生活に、非常に深く関わってくる可能性が高いと思われます。

その時にあたふたしていては遅く、投資として考えている人も長い目を見ると今の考えが変わってくるかもしれませんよ。

 

今回は仮想通貨の中でもかなりの注目株であり、

著者も期待を込めて保有している通貨の一つである「リップル」に注目していきます。

今後の生活にも重要になってくるリップル(XRP)の凄さとは?

知っている人は復習として、知らない人はより理解を深めるために勉強してゆきましょう!

リップル(ripple/XRP)って何?

仮想通貨の種類は日増しに増加していますが、その中で時価総額が世界でもトップレベルであるのがリップル。

リップル(以下仮想通貨の場合はXRPと表記)は

リップル社が発行している仮想通貨であり、近年非常に注目を浴びている仮想通貨の一つです。

※厳密にはリップルは通貨ではなくリップルと言う会社が運営している通貨交換システムのことです。

よってリップルそのもので売買ができるわけではありませんが、そこには通貨としての役割を持たせることが可能です。

通貨としての役割を持った仮想通貨としての表記がXRPとなっております。

そして、なぜ注目を浴びているかと言うと、このリップル社が取り仕切っている送金ネットワークが

今後の世界にとって非常に利用価値が高いからです。

リップル(ripple/XRP)日本公式サイト

リップル(ripple/XRP)の仕組み

リップルが仮想通貨だと思っている人もいるようですが、実際には仲介通貨です。

会社としてのリップル社は二つの通貨をスムーズに交換できるようにしたシステムを販売しています。

その内部で使用されている単位がリップル(XRP)と呼ばれています。

インターネットなどで調べてみるとリップルコインと表現されている場合もありますが、ビットコインなどとは全く違う性質なのです。

 

リップル社の送金ネットワークの何が良いのか?

リップル社の送金ネットワークの特徴としては次の3つが挙げられます。

  • 送金コストが安い
  • スピードが速い
  • ミスが少ない

 

送金コストが安い

現在の国際的な送金システムは銀行が取り仕切っています。

各国の銀行はそれぞれ関係のある銀行としか送金をしてくれません。

海外旅行をする時、国交のない国に行くのにわざわざ違う国にいかないといけないというのと同じイメージです。

そしてそれは時には2つ3つの銀行を経由する場合があり、その度に手数料が発生します。

リップル社の送金ネットワークを使えば、直通でその銀行に送る事ができるようになるので手数料が安くなります。

 

スピードが速い

先の例でいえば銀行を2~3つ通ってくるのには時間がかかり、さらに途中の銀行で送られてきたお金が一体どこから来たものかを把握していないと、次の銀行に送ることができないためその確認の手間をかけたりと時間がかかり、最短でも2~3日から最長1週間程度を要します。

リップル社の送金ネットワークだと10分以内、どれだけ遅くても当日中には送る事ができます。

(私達の使う仮想通貨取引所内の送金程度の移動であれば基本的に4秒~で届きます)

 

ミスが少ない

また、先の例を使うとなると送金時の確認の時にミスが起こると送金先にお金が送れない、

しかもそれが発覚するのが遅く、その時どこでお金が止まっているか判明するのも時間がかかり、

最悪の場合無くなってしまうことも考えられます。

リップル社の送金ネットワークでは直通なので不必要な確認作業がないためミスが起こりにくいのが特徴です。

 

XRPを使えば送金コストが安く済む!

リップル社の送金ネットワークはXRP以外の仮想通貨でも使うことができるため、XRPにそこまで価値がないともいわれてこともありました。

しかし、XRPを使わず送金ネットワークを使った場合は今までよりも約30%コストダウンなのに対して、

XRPを使って送金ネットワークを使えば今までより約60%もコストダウンになるため

XRPを使う人が多くなる=XRPの価値が上がると言うわけです。

 

リップル社の最大の売りインターレジャープロトコル!(ILP)

リップル社の送金ネットワークも魅力ですが、正直海外にお金を送る事ってほとんどの人に関係ありませんよね?

冒頭でもお伝えした通り、日常生活で使うにはもっと身近なシステムになってくれないと困ります。

そこでリップル社が作り出したのがインターレジャープロトコル(以下 ILP)です。

 

リップル社の送金ネットワークの枠を銀行同士だけでなくクレジットカード・デビットカード・モバイル決済・仮想通貨のウォレットなど、

様々な金融関係をネットでつなぐことが可能となるのです。

 

現状既に互換性のあるものもありますが、

手続きの手間・コスト・時間など様々な問題がありあまり普及していませんし使い勝手も悪いです。

インターレジャープロトコル(ILP)だとそれらの問題をすべて解決できるのです!

 

インターレジャープロトコル(ILP)を使うとこんな未来になるかも!?

例1

「今月の支払い分銀行に振り込まないと!でももう深夜だな」

「仮想通貨でなら金額分あるな、これで払っておこう」

このように仮想通貨ウォレットから銀行に簡単に曜日時間関係なく素早く振込むことが出来るようになります。

 

例2

「〇〇でためたポイントを銀行に振り込んでおこう」

「やっぱりクレジットカードに移動させよっかな」

ポイント→銀行→クレジットカードという様々な媒体に移動することが容易になります。

リップル社の送金ネットワーク・ILPはお金の高速のICやハブ空港として役割を担おうとしています。

 

すでに広まり始めているインターレジャープロトコル(ILP)

これを使うと既存の銀行は必要性が確実に低くなります。

ILPの普及が進むと、キャッシュレス社会も共に進むと予想されるためです。

ということはILPでやり取りのできない銀行は淘汰されることになるため、

世界の銀行が注目しはじめており、タイの大手銀行ではすでに導入されています。

 

リップル(ripple/XRP)についてのまとめ

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

リップル社の送金ネットワークやILPはすごいけれどXRPには投資しないという人もいますが、リップル社がXRPでの取引に優遇策を設けるのはとても自然な流れだというのはお分かりいただけると思います。

仮想通貨としてのリップルが注目されていますが厳密にはリップルそのものは通貨ではなく、金融商品の取引システムで使われている仲介通貨のことであり、そのシステムを開発した会社がリップルです。よってリップル(XRP)に関しては通貨ではなく一つの会社であるリップルを信用できるかどうかがポイントになるでしょう。

このように仮想通貨を購入する際には直近で上がるかどうかではなく将来性を考えましょう。

 

  • 今後どのような用途で使用され私たちの生活に浸透してゆけるのかどうか?
  • 本当に必要とされているのかどうか?
  • その仮想通貨が目指す未来の規模感はどうか?

このような事を考えて、

本当に期待できる通貨に投資をして応援する気持ちで保有するのがギャンブルではない仮想通貨への取り組みとなります。

 

2018年2月前半の時点では仮想通貨は全面的に不調です。

これを好機ととるかどうかはあなた次第だという事ですね!

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

リップル(ripple/XRP)を安く購入出来る取引所

リップル(XRP)の購入は手数料が安くセキュリティにも力を入れているビットバンクが断然オススメです。
取引手数料が-0.05%!リップルを取り扱うオススメ取引所!
・2014年5月設立。
 ・取引手数料が-0.05%。(短期の売買に強い)
・FXトレードが行いやすく、追証なしでレバレッジ20倍まで行えます。
リップル、ライトコインが他の取引所よりもお得に購入できます。
金融庁登録済みの仮想通貨取引所
ビットバンクはビットトレードを運営するビットバンク社が、ライトユーザー向けに新たに立ち上げた仮想通貨取引所です。 ビットコイン以外にもイーサリアム、ライトコイン、リップルを扱っており、全て板取引できるのが特徴です。 (特にリップル/XRPの板取引ができるのは国内でここだけなのでリップラーは登録必須の取引所です。)
fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。