無料エアドロップ有の注目ICO「Firop(フィロップ)」

2018年5月より事前登録の受付を開始し、6月からICOセールが始まる注目ICOがFirop(フィロップ)。

Firop(フィロップ)は水に関する問題について解決するために立ち上がった独自性の強いプロジェクトです。

 

そして、Firop(フィロップ)が数多くのICOの中でも注目される理由に大きく影響しているのは、そのプロジェクト内容以外に「エアドロップがあるから」という事が含まれます。

ICOを行う際のエアドロップの事を単純に言うと「無料でトークンがもらえるイベント」です。

 

■今回のFirop(フィロップ)でエアドロップを説明すると、

Firop
ICO参加登録だけしてもらえればトークンを配布します。

参加者
登録しました!

Firop
登録ありがとうございます。トークンを配布します。もしもFiropのプロジェクトに賛同して頂けるようであればぜひICOセールでもボーナス付きでご購入下さい。
その後・・・

参加者
エアドロップあるから知人にも教えてあげよう!
実際にICOセールが開始してから・・・

参加者
改めてFiropについて確認してみたら、このプロジェクトにはかなり期待したいと思ったので、ボーナス付きのICOセールでFiropに投資してみよう!

 

このようにしてプロジェクト側がICOセール開始前からエアドロップを行う理由は、知名度の向上と購入見込みユーザーを確保するための広告宣伝費です。

Firop(フィロップ)もエアドロップを行う事でより多くの方に興味をもってもらい、更に当サイトのように記事として取り上げられたり、口コミ紹介が広がることで知名度を向上させています。

そして参加する(エアドロップを受け取る)私たち側からすると、無料登録だけで少量ではありますがトークンがもらえますので一切損はありません。

 

そして今の価値では少額であったとしても、まだICO段階であり今後プロジェクト進み、各取引所に上場する予定のトークンですから、将来的に数倍~数百倍になる可能性だってあります。

基本的にICO時点では今が最低価格になる可能性が高いので、今後大きく価値が上昇するかもしれないのです。

ICOの中にはプロジェクトが全く進まずに資金調達だけして放置になるようなものの中にはありますが、

Firop(フィロップ)に関してはその内容も独自性がありますし、2018年12月に上場を予定しているとの事でICO後にプロジェクトが止まるという心配もなさそうです。

このページではそんなFirop(フィロップ)について詳しく解説をしてゆきます。

今なら無料登録だけで5FDPのAirDropが付与されます。

 

※Firopのエアドロップについて詳しく知りたい場合は以下の記事を合わせてご覧ください。

Firop(フィロップ)の将来性をホワイトペーパーから読み解く

Firop(フィロップ)は現在、地球規模で危機的状況にある「水問題」を解決するために発足したICOで、投資すると同時に未来のためにもなるというスケール大きなプロジェクトです。

このページではFirop(フィロップ)のホワイトペーパーから見て取れる特徴や、ICOへ参加する際に気になるボーナス等の情報などをまとめると共に、将来性についても考察してゆきます。

Firop(フィロップ)の考える水問題とその解決策は一見理解しづらい内容ですので、もしかしたらホワイトペーパーを読んでも理解できない方が多い気もします。

この記事ではFirop(フィロップ)がどのようなICOプロジェクトなのかについてホワイトペーパーよりも分かりやすくまとめてゆくようにしますので参考にしていただければ幸いです。

Firop(フィロップ)のホワイトペーパーをじっくり読み、

  • Firop(フィロップ)がどのようなプロジェクトなのか?
  • Firop(フィロップ)は何を目指しているのか?
  • Firop(フィロップ)で出来る事とは?
  • Firop(フィロップ)の優れた点は?
  • Firop(フィロップ)の仮想通貨ICOとしての将来性は?
  • Firop(フィロップ)のICOスケジュールは?

このような理解しておくべき重要な部分をホワイトペーパーからピックアップしてきて

Firop(フィロップ)の将来性について分かりやすく解説します!

Firop(フィロップ)が解決したい現状の水問題とは?

日本にいると梅雨もありますし河川や湖があり世界的にも比較的水に恵まれている国なのであまりイメージがわかないかもしれませんが、世界的に見ると水は非常に貴重な資源です。

Firopのホワイトペーパーによると地球上に存在する水の97.5%は海水で淡水は2.5%しかなく、

その2.5%の内の98%(全体の2.47%)は北極、南極の氷や地下水として存在していて、地上にあっても人間が使いやすい状態である水はさらに少なくなり地球上に存在する水の0.01%ほどしかありません。

しかも人口は世界的にドンドン増えていく傾向にあるため、水の消費量も増加傾向にあり、いずれ水をめぐる戦争が起こるという方もいるくらいです。

この水問題を解決するために無駄な水の消費量を減らす取り組み、いわゆる「節水」が世界的に行われています。

節水は無駄な消費を抑えるという必要なことではありますが、水問題を解決できるほどの効果は今のところありません。

Firop(フィロップ)が考える造水技術とは?

水問題の解決するのに効果的とされているものに「造水技術の発展」があります。

これは海水や河川の水など人間が飲料用や生活用水などに使いにくい水を、使いやすい水に変える技術を発展させるということです。

 

海水の淡水化などは聞いたことあるのではないでしょうか?

使える水の量を増やすので技術の発展が、そのまま水問題の解決につながる可能性があります。

しかし現在の技術では大量の電力や大規模な施設そしてそれに伴い運用に多額の資金が必要です。

これは先進国でもなかなか賄うことが難しい問題で、人口の増加が早い発展途上国ではなおさら難しいとされています。

そもそも造水技術はまだまだ進歩が必要な分野なので本格的な実用はまだ先の話で、研究者達が研究に専念するための環境が必要とされているのです。

そこで打ち出された新たな施策がFirop(フィロップ)だという事です。

今なら無料登録だけで5FDPのAirDropが付与されます。

Firop(フィロップ)の目的とは?

水問題を解決するには造水技術の発展が必要とFirop(フィロップ)は考えていますが、そこには課題があります。

  • 造水技術の開発の資金と利権が特定の企業に偏っている
  • 造水技術関連の情報を入手できる投資機関は限定されていて、その他の投資機関や個人投資家は投資するチャンスや環境がない

Firop(フィロップ)はこの閉鎖的な投資環境が造水技術の発展を妨げている要因の1つとみていて、造水技術への投資を自由に行えるようになれば開発に競争が生まれ、より良い技術が生み出され水問題が解決に向かうとしています。

具体的にFirop(フィロップ)は何をしようとしているのか?

Firop(フィロップ)はこの水問題や造水技術の問題に対して何をしようとしているかと言うと、

誰でも参加できる造水技術関連の証券取引市場の創造」です。

閉鎖的な投資環境を打開するには、誰でも投資できる環境を作り出そうということでしょう。

具体的には造水技術を開発したいAという企業がA-FDP(FDPはFiropの通貨単位)というものを発行し、あなたがAのすることに価値を感じ投資したいと思えば、このA-FDPを購入するという形です。

Aはここで得た資金を元に開発を進め、後にその技術で発展し企業の価値を上げれば、A-FDPの価値も上がりあなたも利益を得ることができるという好循環が生まれるという想定です。

Firopは今回のICOで造水技術分野に特化した新たな取引所を作り出そうとしているというイメージで問題ないでしょう。

Firop(フィロップ)の長所とは?

Firop(フィロップ)には取引所としての長所が大きく分けて2つあります。

DEXの採用

Firopは特徴の1つとしてDEXの概念と採用していることを挙げています。

1か所で各ユーザーの資産を管理するのではなく、個人個人でパスワード等の情報を管理することでセキュリティ面を考慮しているという事です。

過去にマウントゴックスやコインチェックの事件では取引所にユーザーの資金を預けて運用していくというスタンスだったので、そこを悪意あるハッカーによって攻撃され莫大な被害にあいました。

これは多くの取引所が中央集権型であるため、どれだけセキュリティを強化しても常に抱えていかなければならない問題です。

仮想通貨自体が非中央集権型のネットワークなのにそれを扱う取引所が中央集権型ではあまり意味がないと言えるでしょう。

Firopが採用したDEXは取引所に資金を預けることなく取引ができる方法です。

仮想通貨を送金する場合「秘密鍵(シークレットキー)」というものが必要なのですが、多くの取引所ではその生成を取引所が行っています。

それをユーザー自身(スマホやPC)が行うことによって、サイバー攻撃から合いにくくなるのです。

監査機関の設立

現在ICOによる被害が大きな問題になっています。

それは監査機関が十分に発達せずに事業プランとして到底成立しにくいものであったり、専門知識のないものでは将来性を判断しにくい案件が多くあるというのが原因の1つです。

Firop では造水関連のみに特化したため専門の監査機関を設けることができ、研究機関がちゃんとした事業プランをもって、融資を募っていると証明することができます。

投資家たちが安心して投資できる環境でなくては意味がないからです。

今なら無料登録だけで5FDPのAirDropが付与されます。

FDPトークンの価格の決まり方

Firop(フィロップ)は造水関連の取引所のような役割ですから、そこに上場している企業の業績によって左右されます。

日経平均やダウ平均といったイメージです。

それぞれの企業の〇-FDPの価格は別ですが、FDP自体の急騰や暴落といった乱高下の激しい市場にはなりにくいと予想されます。

水問題の解決に対する需要や将来性は非常に高いので長期的に上がっていくのは間違いないでしょう。

投資家の価値観にもよりますが、値動きの緩やかな市場を好む方には向いていると思われます。

Firop(フィロップ)のICOの内容とは?

Firop のICOは非常に魅力的な内容になっていて登録しただけで少額ですがエアドロップがもらえるなど、とりあえず登録だけでもしておいて損はないでしょう。

そしてFirop(フィロップ)のICOセールではボーナス量がかなり多いので旨味が大きいです。

それでは以下がFirop(フィロップ)ICOでのトークン付与内容です。

 通貨単位は「FDP」で1FDP=0.5米ドルです。

Firop(フィロップ)エアドロップ:ホワイトペーパー参照

期間 2018年5月1日~2018年8月31日
対象 先着50000アカウント
金額 5FDP

Firop(フィロップ)ICOスケジュールについて:ホワイトペーパー参照

気になるICOセールの内容(ボーナスについて)は以下のようになっています。

2018年6月1日~2018年6月15日 ボーナス200%
2018年6月16日~2018年6月30日 ボーナス150%
2018年7月1日~2018年7月31日 ボーナス  50%
2018年8月1日~2018年8月31日 ボーナス  20%

なんといってもICOセール開始直後のボーナス200%はすさまじいでしょう。

購入した時点で元手の3倍になるという事ですね!

 

1米ドル=100円と計算しても50万円で1万FDPが購入でき、ボーナスと合わせると3万FDPになります。

利益は差額×数量で決まるため1FDPの価格が1円上がる度に3万円がプラスになるという嬉しい状況が50万円で手に入るということです。

仮にFDPの価格が下がって元の35%(1FDP=0.175米ドル)になっても元手を下回らないというリスクの低さも魅力的でしょう。

 ※これはボーナス200%の時の計算です。

 

高い利率のボーナス付与がある状態で購入をすることは利益拡大にもリスク回避にもなります。

当然のことですが同じ金額を投資するのに対して保有できる量が変わるのであれば出来る限り多い方が決まっています。

よって、Firop(フィロップ)に投資をするのであれば

2018年6月1日~2018年6月15日の間のボーナス200%で購入すること強くオススメします!

 

今回の FiropのICOは購入金額の上限がなくボーナスの割合も高いため、あっという間にハードキャップ(調達上限金額)である3500万米ドルに達することも予想されます。

セールは6月からなので資金の準備や公式HPに登録は済ましておいたほうがいいでしょう。

Firop(フィロップ)の登録方法が分からない場合は以下の関連記事を参考にしてください。

Firop(フィロップ)ICOのまとめ

Firop(フィロップ)は今後の水問題を投資を通じて解決していくことを目的としています。

私たち人間だけでなく地球に生きている生物にとって水は非常に貴重な資源です。

人口が増加していく中で造水技術の発展は優先されるべき問題で、 専門知識を持たない方でもFiropを通じて問題解決に協力することができるようになるでしょう。

今なら無料登録だけで5FDPのAirDropが付与されます。

 

それでは本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

こちらもエアドロップ有!Firopは世界的な水不足を解決するためのプロジェクト
AR技術とゲームクリエイターを応援するためのプロジェクトGeAR

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で