当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


仮想通貨の原点ビットコイン(bitcoin/BTC)

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、その仮想通貨を代表するビットコインの知名度が一気に広がりました。

この記事を読んでいるあなたはTVCM、雑誌、つり革広告、ネット、

至る所で「仮想通貨」「ビットコイン」というフレーズを見かけるようになり興味を持ったのではないでしょうか?

 

ビットコインをはじめとした各通貨が注目されて大きな利益を上げる人が続出している今の状況は「仮想通貨バブル」と言われていますね。

1億円以上の資産を築いた人の事を「億り人」と呼び、話題を呼んでいます。

 

そんな状況が故、仮想通貨の代表として頻繁に話題に挙げられるビットコインは現状投機目的のお金儲けの手段として保有されていることが多いです。

しかし、そもそもビットコインは決済手段として開発されました。

普通の通貨よりも利便性の高い決済手段として期待されており、

れからの仮想通貨に対する技術力の向上はとても注目を集めています。

 

現状で仮想通貨を保有し投資するのであれば「ただ儲かりそうだから買う」のではなく、

仮想通貨の事を理解しその将来性を知ったうえで購入しましょう。

 

この記事では本来の目的である決済手段ではなく、

なぜお金儲けの手段としてビットコインが保有されてしまうのか、

ビットコインを資産運用の手段として適切なのかを説明をしてゆきます。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin/BTC)

特別仮想通貨の事を知らない方でも今やビットコインと言う名前は聞いたことがあるはずです。

ビットコインは仮想通貨(暗号通貨)です。

※仮想通貨と暗号通貨について
仮想通貨という言葉が広まっていますが、ビットコインをはじめとする通貨は「暗号通貨」となります。
仮想通貨には電子マネーなど、物体となっていない貨幣の事全般を指します。

※アルトコイン⇒オルトコイン

・電子マネーはあくまでも日本円が小銭や札ではなく電子化しているだけ。

・暗号通貨の価値は=日本円基準ではなく、全世界共通の通貨となります。

当サイトでは基本的に多くの方に馴染みのある仮想通貨と統一して表記しますが、「仮想通貨=暗号通貨」だという事は理解していただければと思います。

仮想通貨と暗号通貨について理解したうえで、当サイトでは馴染みのある仮想通貨という表現で統一していますので、仮想通貨=暗号通貨のことを言っていると捉えて頂ければと思います。

ビットコインとは


bitFlyer:Bitcoinとは

 

仮想通貨とは一般の通貨とは異なり、銀行や証券会社を通さずに売買ができる通貨です。

もちろん、通常の通貨との交換をする場所は限定されており、そこでの交換レートが通貨の価格となります。

為替の変動を利用してネット上で取引を行いますが、最近はビットコインで通常の支払いができるサイトや実店舗も着実に増えてきています。

つまり、ビットコインが既に一般の通貨として取り扱われているという事です。

このような状況からビットコインは為替取引において市民権を得たと考えていいのでしょう。

 

そしてビットコイン後に登場した仮想通貨はビットコインをさらに改良したものとなっています。

ビットコインをはじめとした仮想通貨を利用する事で、海外への送金システムや交換手続きの簡略化など、利用者は使いやすくなる傾向にあります。

為替取引としての利用ではなく、国際的な取引の共通通貨としての活用を重要視しているのでしょう。

 

ビットコインはお金のあり方を変える存在であると共に、その芯となっているブロックチェーン技術には通貨という枠ではなく生活をより豊かにしてゆくための可能性を秘めています。

 

そんなビットコインの価値は近年異常な速度で上がっています。

今はビットコインを購入する人のほとんどの目的は「儲けたい」という思いが第一に先行している事でしょう。

しかし、ビットコインや仮想通貨の事を理解せずに仮想通貨を購入するのはナンセンスです。

  • 「自分がビットコインを使って何をしたいのか」
  • 「ビットコインはどうなってゆくのか」
  • 「ビットコインの何が凄いのか」

これらを明確に理解した上で購入し保有することが賢い仮想通貨投資への取り組み方となります。

現状は「決済手段」としてではなく「投機」の対象

先程も紹介した通りビットコインは決済手段の一つとして開発されました。

普通の通貨を利用した決済に比べ、ビットコインを決済手段として利用することで様々なメリットがあります。

ビットコインはこのような将来への期待から2017年はわずか1年間で約20倍にも価格が上昇しました。

実際にビットコインを利用した決済手段はこれからもっと発展していき、世界中に広がっていくと予想されています。

しかしこの短期間での価格の急上昇の結果、注目を集め「投機」の対象になっていきました。

仮想通貨は投資?投機?

ではなぜ「投資」ではなく「投機」なのかというと、株式投資を例に説明します。

 

株式投資では、比較的長期的な期間で、その企業の将来への様々な期待や予測から株式を購入します。

すなわち将来の価値を見通し、リスクを考慮した上でのリターンをどのくらい得られるかを考えます。

 

一方ビットコインは、単純にビットコイン自体に価値があるかといえばそうではありません。

株式は企業の将来の動向により将来の株式の価格が決まります。

しかし現状のビットコインは単に「これから価格が上がっていくだろう」という期待から購入されています。

これがビットコインの売買が「投資」ではなく「投機」だと言われてしまう理由です。

 

普通の通貨の価格が発行している国の国力で決まるのに対して、仮想通貨の価格は「需要と供給」で決まります。

つまり買う人が多ければ価格は上昇し、売る人が多ければ価格は下落します。

さらに、市場規模の小さい仮想通貨では人の心理が大きく関わってきます。

ビットコインのシェア率は圧倒的に日本人の割合が大きいです。

なので、日本人特有の国民性や市場規模の小ささから人の不安心理が非常に価格に影響してきます。

このようにビットコインなどの仮想通貨は2018年の現時点ではまだ本来の目的ではなく「投機」の対象と見ている人がほとんどです。

とは言え決して投機は悪いことではありません。

 

こうして仮想通貨を代表とする、そして仮想通貨市場の基軸通貨となっているビットコインが広まり価格が上がれば、結果的に仮想通貨が世間から注目され、その将来性や素晴らしさを理解する人が増えれば、ビットコイン・イーサリアム・リップルなどそれぞれの仮想通貨の技術が私達の生活に確実に浸透してゆく事でしょう。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin/BTC)の購入

ビットコインは電子データとして存在しているため、購入はインターネットを利用することになります。

ネット上にある仮想通貨取引所を介して日本円でビットコイン(仮想通貨)を購入します。

よって仮想通貨を購入するのであれば、仮想通貨取引所でにて口座を開設しなければ何も始まりません。

そして口座解説が出来たら仮想通貨を購入するための資金を振り込みましょう。

これで実際にビットコインをはじめとした仮想通貨を購入する事が出来るわけです。

最も有名な取引所、ビットフライヤー。

日本国内最大手でありビットコインの取引量は国内最大、

セキュリティ面でも世界的に高い評価を得ている安心安全の仮想通貨取引所ですので、まずはビットフライヤーを利用してみましょう。

CMでもお馴染み!ビットコインの取引量日本一bitFlyer
・2014年1月設立。(日本で一番歴史の長い取引所
国内最大手、ビットコイン取引量日本一。
世界一のセキュリティ評価を得た安心感のある取引所。[参考]
・最大500万円までの不正アクセス補償。
金融庁登録済みの仮想通貨取引所
ビットフライヤーは日本のビットコインなどを取り扱っている仮想通貨取引所の中で恐らく最も知名度があります。
成海璃子さんのCMでもお馴染みですね(^^)ビットフライヤーの長所はとにかく安心安全という面において世界一のセキュリティ評価を得ている事です。

 

ビットフライヤー以外の仮想通貨取引所

仮想通貨の取引所はビットフライヤー以外にも複数あります。

取引所では売買時に手数料がかかりますから、少しでも安い手数料のところに人気が集中します。

そして、手数料以外にも各取引所で扱っている仮想通貨の種類が異なっていたり、独自のサービスがあったりと特徴に違いがありますので、1つに絞るのではなく最低でも3つは使うようにする事をおすすめします。

 利用する仮想通貨取引所に関しては以下の記事を参考にしていただければと思います。

ビットコイン(bitcoin/BTC)の購入する前に冷静に考える

ビットコインの購入価格はどうやって決められているのか。

それは先ほどもお伝えした通り需要と供給のバランス、そして為替相場と同じように市場が決めます。

つまり、世界情勢の変化によってビットコインの購入価格大きく変わっていくのです。

 

タイミングよく売買すれば、それだけで利益を出すことができます。

この仕組みは通常の通貨と変わりありません。

ただ、その変動が予想できる範囲を超えてしまうことが多いことを注意しなければなりません。

 

2017年以降多くの人がビットコインの市場に関心を持つようになり、急激なバブルの状況になっています。

但しバブルというのは永遠と続くことなく、いずれは弾ける時が来ますからそのリスクは十分理解しておきましょう。

 

なくなっては困るほどの大金や生活費まで仮想通貨につぎ込まないよう気を付けてください。

過去の例を見るまでもなく、世界経済は予想できない動きすることがあります。

仮想通貨市場で損をしてしまう人というのは訳も分からず市場に振り回されてしまう人です。

上がっているから買う、下がってきたから不安になって売る。

これではバブル状態の仮想通貨市場でも損をしてしまいます。

 

ですので、ビットコインの名前だけで興味を持ち「儲かりそうだから」という浅はかな欲だけで始めるのではなく、

その仕組みや実態を十分理解した上で購入するようにしましょう。

必要最低限の仮想通貨の知識と投資の心得くらいは身構えておきたいところですね。

 

世の中には簡単に利益を得る方法などないとわかっていても、

ビットコインのあまりの過熱ぶりに魅せられて誰でも簡単に一攫千金を狙えるのではないかと思う人が少なくありません。

 

しかしそれでは宝くじを買っているのとあまり変わらない状態です。

確かに仮想通貨はかなり高い確率で利益を得ることが出来るでしょう。

しかしこの世に絶対などという事はありませんので万が一という事は常に考えるべきです。

そしてどのような取り組み方が最善なのか考えた上で納得できる投資を行いましょう。

 

まずは、少額を試しに購入してみて、それを体験することは有益なことです。

冷静な判断力を付けるためにも実際に経験するという事は一番の学びになりますからね!

ビットコイン(bitcoin/BTC)の価格を考える

ビットコインの売買をしようと考えるならまずは価格を確認しましょう。

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

ビットコインの取引所で価格を調べることができます。

日本円でビットコインを購入するので為替レートと考えていいでしょう。

レートは日々変動していますから安く購入して高く売ればそれが差益となります。

もちろんこのような仕組みは誰でもわかっていますし同じように利益を得たいと考えています。

 

しかし、すべての人が同時に儲けることは不可能ですから、自分だけが利益を得られると考えるのは無理があるでしょう。

ただ、現在の価格をリアルタイムに表示してくれるアプリを使用すれば、売買のタイミングがわかりやすくなります。

それから、短期的な売買の場合と長期的な売買では考え方が異なります。

長期的に見れば、短期的な変動は無視することができるでしょう。

そのためにはビットコインの将来性を考えてみることが大切です

 

一般の通貨であれば国がなくならない限り通貨としての価値は0にはなりませんが、ビットコインはバックアップする国があるわけではないため、急になくなってしまう可能性が0ではありません。

もちろんビットコインの価値が0になることなど考えにくいですが、新しい市場ですので価格が安定しませんし、急落して価値がほとんどなくなってしまう可能性も「0ではない」という事は念のために頭に入れておいた方がいいですね。

 

また、インターネットで世界中が接続された現代においては、状況が急激に変化するとその反動がどこかで発生します。

そして、最終的には元に戻る場合がほとんどです。

その時間差・価格差によって誰かが大きな利益を得ることでしょう。

短期的に売り買いをして利益を得るという事は誰かが損をしているという事。

 

しっかりと先読みして、尚且つ状況を把握、瞬時の判断が出来なければ短期売買で利益を出し続ける事は難しいので、

価格のチャートを見ながら自分がどのような取引をしたいのかを冷静に考えることが出来ないようであれば、ちょこまかと頻繁に売り買いはしないようにしましょう。


※上記は今現在のリアルタイムチャートです。

まずは無理ない仮想通貨への取り組み方を学ぶためにも、当サイト管理人の行う片手間仮想通貨講座を一通り見る事をおすすめします。(動画講座約10日間)

ビットコインをはじめとした仮想通貨の特徴

仮想通貨の取引を行うつもりなら、その特徴を十分理解しておくことです。

多くの人が安心して取引できる仮想通貨は安定して高値をキープする傾向にあります。

どの仮想通貨を自分が選ぶかは重要なポイントではなく、変動を予測して適切に売買できるかが重要でしょう。

多くの人が取引をやっている仮想通貨は情報もたくさんあります。

情報が少ない通貨は価格の変化に対して理由付けすることが難しくなるため取引には向きません。

 

本来仮想通貨は取引のために登場したのではなくビジネス上で必要となったために考案された仕組みに過ぎません。

通貨としての実体があるのではなく交換レートが公開されているだけです。

仮想通貨は国が発行しているわけではありませんから、世界中で同じレートとなります。

また、国を越えても手数料は発生しません。これが一般の通貨との大きな違いであると同時に仮想通貨の大きなメリットです。

 

そして、仮想通貨に限った話ではなく、株式でもFXでも投資には常にリスクが伴います。

利益を上げる時もあれば損失を出すことも必ず出てきます。

取引の利益を考える場合、それぞれの取引ではなくトータルでの損得を考えてください。

変化の激しい仮想通貨市場で毎回の上げ下げに対して一喜一憂しても仕方がないのです。

 

短期売買をするのなら少ない損失と大きな利益を常に狙わなければなりません。

しかし短期での売買は初心者には難しいでしょう。

ましてや豊富な投資経験を持っている人でも仮想通貨の売買に関しては予測が大きく外れたり読み違える事が頻繁にある世界です。

なぜならば仮想通貨市場はまだ小さく、歴史が浅いからです。

 

こうなると投資初心者も経験者もさほど関係がなくなってきます。

であれば過去のチャート情報は豊富にありますから、初心者でも過去のデータをしっかりと読み解くことで感を研ぎ澄ませ、尚且つ今後の動向を予測して自信を持って売買することが可能になるでしょう。

仮想通貨の特徴を理解した上で購入し投資する

各仮想通貨一覧(通貨単位・通貨名・取引所・特徴記事)

ビットコイン(bitcoin/BTC)の保管とウォレット

ビットコインをはじめとした仮想通貨を入れておく個々の財布がウォレットと呼ばれる入れ物です。

もちろん、物理的な入れ物ではなくWEB上のものや、パソコンなどにインストールしたアプリケーションです。

 

ウォレットには複数の種類があり、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットなどがあります。

それぞれの名称からある程度想像がつくでしょうが、ウォレットのアプリがインストールされた媒体によって名前が付けられています。

つまり、仕組みは何も変わりません。使い方も同じですから、厳密な意味では種類が違うとは言えないでしょう。

 

ちなみにビットフライヤーでビットコインを購入したら、ビットフライヤー内のウォレットに購入したビットコインが入っている状態になります。

しかし、この状態だと万が一ビットフライヤーがハッキング被害にあってしまったら、個人の管理外の理由で保有通貨がなくなってしまう可能性がある訳です。

この取引所のハッキングリスクを回避するためには個々のウォレットを用意して保有通貨を取引所から自分のウォレットに移しておく必要があるのです。

 

ウォレットの作り方はさほど難しくはなく、日本語対応しているものも多くあります。

ビットコインを購入しても完全自分で管理するためには個別のウォレットが必須ですから、大量の仮想通貨を保有している人は皆、何らかの形で取引所外の個別ウォレットを作成しその中に通貨を入れています。

ウォレットの操作ですが、若い人ならスマートフォンの方が馴染みがあるでしょうけども、セキュリティ面なども考えてパソコンで管理した方がいいでしょう。ウォレットを使う上で注意しなければならないのはセキュリティです。

 

長期的な保存を考えるなら、ネットワークから切り離すこともできますが、そうすると通貨を手軽に動かせなくなるというデメリットもあります。

とは言えネットから切り離したオフラインでの管理であればハッキングリスクはなくなります。

 

仮想通貨に充てている資産が大きくなり「なくなってしまったら困る」「もしもハッキングされてしまったら」のように不安を感じる時点で必ず、通貨の保管は1か所の取引所に置くのではなくリスク分散を行いましょう。

複数の取引所に分散させたり、個別のウォレットに置いたり、長期で保有するつもりであればペーパーウォレットやハードウォレットに移しオフライン上で完全自己管理するようにしましょう。


(もしもハードウォレットというUSBメモリーのようなハードにて保有通貨を管理するのであれば、万が一そのハードが壊れた時のためにデータのバックアップを取っておかなければなりません。)

 

ビットコインがインターネット上に存在していることは間違いありませんから、ハッキングなどの被害から自分の財産を守る方法は自分で考えなければなりません。

「そんなことあり得ない」と思って油断している時に事件は起こってしまうかもしれません。

実際に過去にそのような事が何度もあったからです。

そうした時に「あのとき保管方法をもっと厳重にしていれば」と後悔しても遅いのでやれる限りのリスク分散を行いましょう。

仮想通貨ビットコイン(bitcoin/BTC)のまとめ

今から仮想通貨について勉強して取り組む事は決して遅くはない

仮想通貨は近年生まれた技術であり、その応用性から期待感は非常に大きいです。

ようやく世間に「仮想通貨」「ビットコイン」という言葉が認知された程度であり、まだまだ発展途上。

問題も山積みですが、その分期待も大きいです。

 

仮想通貨が過熱しバブル状態といわれていますが、現状の時価総額や保有率、世間の認知度から言えば現状の仮想通貨の上昇はまだまだ序章に過ぎないと考えます。

とは言え永遠と価格が上がり続ける事はあり得ないですから段々と上昇率も落ち着いてくるでしょう。

このように考えるとまだまだ伸び盛りである今のうちに保有していた方が、仮想通貨の勢いの恩絵をたっぷり受けられるのではないかと思います。

 

現状の仮想通貨市場は1年間で価値が数十倍になるなどザラな世界です。

本来投資で2倍になることすら凄すぎる話なのにも関わらず、仮想通貨であれば数か月、数日で2倍になったりします。

とは言えそれはボラティリティ(値動きの幅)が大きいのであって、下がる時も一気に下がります。

しかし、短期的に大きく上がったり急激に下がる事はあっても、長期的にはまだまだ大きく伸びしろがあるのが仮想通貨ですから、短期的な動きに一喜一憂しないようにしましょう。

 

「皆が始めてからやる」「様子を見ている」このような考えで後から始めると、過熱しきったバブルのピーク時に参加することになり、万が一バブル崩壊となった時に大ダメージを食らってしまう可能性があります。

ですので仮想通貨やビットコインに興味があるのであれば、出来る限り早く勉強をして実際に購入してみる事をお勧めします。

 

そして、現状の仮想通貨で一番恐れなければならないのは暴落ではなくハッキングです。

「仮想通貨にはハッキングなど独特なリスクがつきもの」と聞くと怖くなってしまうかもしれませんが、そのリスクを理解しキチンと対策をとってさえいれば怖がることなどありません。

発展途上の仮想通貨にはそのリスク対策をする手間をかける以上に大きな可能性を含んでいます。

ビットコインが現金の代わりになるのか?

ビットコインがお金の全てになり、今使っている日本円がなくなるかといえばそれはないと思います。

しかし、ビットコインを筆頭にそれぞれ特徴の持った通貨があり、それぞれ世の中を良くするための目的を持って開発されていますので、「通貨」として使われるかどうかだけの枠にとどまらず、今後確実に私たちの日常生活に仮想通貨の技術は入り込んでくるでしょう。

日本円がなくなることはなくとも、近い将来小銭やお札といった物体として見えるお金が使われる頻度が少なくなり、仮想通貨での支払いの比率がどんどん多くなってゆくかもしれません。

事実アメリカなど日本以外の先進国の多くは、現金よりもクレジットカードが主流です。

日本は現金主義の国で今まできていますが、少しずつ電子的にスマートなやり取りの利便性に魅了され、移行してゆく事でしょう。

 

将来仮想通貨に関する知識は常識として知っておくべきものになる

仮想通貨技術の原点であるビットコインは知識として知っておくべきものです。

仮想通貨を知らない事が世間知らずになる時代はそう遠くないでしょう。

仮想通貨はまだまだこれから、決して今から始めるのは遅くはありません。

今ビットコインに興味を持つ事の出来たあなたは、世間からすれば非常に早い時点で興味をもちその世界を知ることが出来ている状態です。

この機会にぜひ、今後の未来を担う先進技術を学び実際に仮想通貨を購入してみると良いでしょう。

仮想通貨バブルは生涯今だけです。

数年後に「あの時もっと積極的に知ろうとしていれば。あの時仮想通貨を買っておけば今頃。。」なんて後悔しないように、

仮想通貨に少しでも興味を持っているのであれば取り組むことをおすすめします。

ビットコイン(BTC)日本公式サイト

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

 

 

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。