当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで



2018年は仮想通貨がとても活発になる1年になると言われています。

年明け早々爆上げからの大暴落で慌ただしい数か月でしたが、仮想通貨市場が本格的に動き始めるのはまだこれから。

2018年1月時点で日本の仮想通貨を保有する人の割合は1%~2%だと予想されていました。仮想通貨に取り組んでいる人からすれば大盛り上がりのバブル状態でしたが、私達のような仮想通貨投資かはごく一部であり、ほとんどの人にとっては仮想通貨などどうでもいいという認識でしかないのです。

coincheck騒動で初めて認知した人も多いでしょう。coincheck騒動により悪いイメージで広まってしまったというのはありますが、物事が世に知れ渡るキッカケとして最も影響力があるのはこのような大きな問題・事件です。

一気に認知された今は仮想通貨の様子を伺っている状態の人が多い中、今後仮想通貨が伸びてゆく際には今まで以上に多くの人口が仮想通貨に着手すると考えられます。その時が本当のバブルになるでしょう。

仮想通貨には投機としての側面と、技術が開発されて実需が高まるという側面を持ち、両方によって今後も価値を高めてゆく事が予想できます。

 

そして新規通貨を発行するイベントであるICOに関しても規制が入り、

本気のプロジェクトだけに絞られてゆきます。

 

過去には資金集めのためだけの詐欺まがいICOが乱立していましたが、

最近では細々したICOは大分少なくなりました。

 

そんな中今回取り上げたい大型ICOが「ユニゾン(Unizon/UZN)」です。

既に秋トークンの上場が決まっている事から、

非常に期待できるICOでもあるのでこのページでじっくり紹介してゆきます。

 

それでは今注目されているユニゾン(Unizon/UZN)の特徴や将来性、ICOの内容をわかりやすく解説していきます。

Unizonは保険の原点に還る相互扶助プロトコルを提供し、ブロックチェーン技術によるインシュアテックイノベーションを起こすプロジェクトです。

目次

Unizon(ユニゾン)とは

端的に言うと「ブロックチェーンを使って誰でも作れるし入れる小口保険」を実現できるようにしたものです。

Unizon(ユニゾン)の構想が実現できればとても手軽に保険が作る事ができ、入るのも簡単であり、

今までの保険会社や加入者(被保険者)にあったデメリットを払拭することにも成功しています。

かといってセキュリティー面や不正が発生しないようにいくつもの対策が取られているかなりクレバーなものですね。

Unizon(ユニゾン)は保険加入者が自ら保険を企画し、その保険に賛同した加入者が参加することで保険が成立する。

これまでの保険の常識を変える加入者主導の保険を企画することができるプラットフォームです。

Unizon(ユニゾン)が実現することで
  • 人件費が大幅にコストカットできることで保険料が安くなり
  • 加入者が本当に望む保障内容の保険を企画して加入することができ
  • これまで保険に加入したくても加入できなかった低所得者などもマイクロ保険などへ加入することができる

このように、大手保険会社では実現できなかった保険プランが誕生し、

保険業界にイノベーションを起こすことができます。

 

さらに、保険の企画者には保険料の数%をインセンティブとして受け取ることができ、

よりよい「保険」が誕生する仕組みがあるのも特長です。

 

それではUnizon(ユニゾン)と保険業界について順を追って解説してゆきます!

保険業界の市場規模と特徴

UZNトークンは多くの仮想通貨と同じ感じで、ユニゾンの枠組みの中でしか使えない通貨です。

ユニゾンが置かれている保険業界というのはどういったものかがわかれば将来性もわかりやすいかと思います。

保険業界は世界的に見ると先進国を中心に約4.8兆ドルつまり約508兆円(1米ドル=106円で計算)あります。

ユニゾンはブロックチェーン技術を使って世界中に市場を築けるので、まさにこの市場に参入していくわけです。

 

しかも今は先進国が全体の約80%を占めているのですが、

ユニゾンの仕様は発展途上国でも参加しすいため、競争相手が多くて伸びしろの少ないレッドオーシャンであるようで、

大手保険業界が手を出しにくいところもカバーできるため競争相手が少なく伸びしろが期待できるブルーオーシャンでもあります。

 

保険業界の特徴として在庫がほぼない、原価という概念もほとんどないという特徴があります。

この記事を読んでいるあなたも何らかの保険に入っていると思います。

いざというときは助かりますが、それ以外の時は特に何もないのに保険料は毎月払っているでしょう。

保険会社の商品は「将来のリスクに対する不安の解消」なので在庫もなければ、原価もかかりません。

経営的に考えるとなかなかつぶれることもないですし、非常に安定した業界と言えます。

ですから駅前の一等地にあるビルにオフィスを構えることもできるのですね。

保険業界が抱える問題

優れたビジネスモデルである保険業界ですが課題もあります

それは膨大な事業費です。

ある意味、保険業界ではこれが原価と言えるかもしれません。

あなたが保険に入るとき全く名前を知らない、オフィスはボロボロ、

話がかみ合わない担当者がいる保険会社に加入したいでしょうか?

名前を売るためのTVCMや看板などの広告宣伝費、一等地にあるキレイで広いオフィス、コミュニケーション能力があり頭の回転が速い優秀な人材などを確保するにはとても膨大な金額がかかります。

そしてそれは加入者(被保険者)が払う保険料で賄ってします。

 

加入者にとって一番困るのは保険金の減額や不払いです。

 小さな文字でビッシリと書かれていて専門用語を敷き詰めた契約書を専門知識のない人がすべてをちゃんと理解できずに、保険金を減額されたり保険金をもらえることが実際起こっても保険の内容を理解してないがゆえに申告しなかったりすることが多く起きています。

こういった理由から大手保険会社では採算が取れる保険商品しか取り扱いが厳しく、

高い保険料を払える人や契約書の内容をちゃんと理解できる知識のある人、

もしくはそういう知識のある人への相談料を払える人達中心のものがほとんどです。

そしてそのような人達は世界では少数派だというのはわかりやすいと思います。

今はネットの普及で少しずつ解決されてものもあるのですがまだまだ十分とは言えません。

Unizon(ユニゾン)が狙うターゲット層は低所得者層

多くの保険会社が富裕層をターゲットにしているのでここに参入するのは前述したレッドオーシャンなのでなかなか難しいものがあります。

しかしユニゾンがターゲットにするのはBoPと言われる低所得者層(年収3000米ドル以下の人々)です。

BoPの人々は世界で40億人以上いると言われていて、富裕層と同じく「将来のリスクに対する不安」を抱えています。

それを解消するものが今のところ数少ないため、

保険業界としてはブルーオーシャンと言えます。

 

この低所所得者向けの保険は「マイクロインシュアランス」と呼ばれています。

低所得者向けにそんなもの成功するのかと思われるかもしれませんが、

実際バングラデシュではマイクロインシュアランスが非常に進んでいます。

 

バングラデシュは世界的に見ても貧困が激しい国で、教育水準もあまり高くありません。

そこで成功していることを考えると低所所得者向けの保険も十分成り立つと考えられますね。

保険ではありませんが日本でも戦前は一般庶民の間で「無尽」と呼ばれる

小口金融がとても盛んに行われていたと言われています。

 

少額で利便性があれば保険も金融もビジネスとして十分成り立つということですね。

マイクロインシュアランスをする上での課題

マイクロインシュアランスをする上で必要になってくるのは次の3つです。

大量の情報を処理できる能力

ビジネスモデルとしては薄利多売とほぼ同じなので少額で大量の情報を処理でき、

さらに保険は信頼や安心感が必要なので正確性も要求されます。

徹底的なコストカット

マイクロインシュアランスだけではないですが、

薄利多売のビジネスモデルは1つ1つの案件での収益性は低くなるため

コストをできるだけ削減できないとビジネスとして成り立たなくなります。

細かなニーズに合わせられる応用力

価値観の多様性は現代社会ではどの国でも起こっています。

1人1人にとって必要なものそうでないものが違うため、

少額の保険をする上ではピンポイントな保険の方が好ましいことが多いです。

ブロックチェーン技術を使ったユニゾンなら全ての課題が解決できる!

ブロックチェーン技術はスピーディーな情報やお金の流通を可能にする技術です。

さらにスマートコントラクト(お金や情報をやり取りするだけで契約書と同等の効力がある)

により店舗や代理店を構える必要もなく、人が介在しないため人件費も抑えることができます。

 

そして従来の保険は保険料を加入者から集め(収入)、何かあれば保険金を加入者に支払う(支出)

というビジネスモデルなので何かに理由をつけて保険金の減額をしようとすることもあります。

 

詳しくは後述しますが、ユニゾンは完全に手数料で収益を上げる方法をとっていますので、

ユーザーのやりとりが活発になるほど利益を上げれるため不払いや減額といったことをしなくてもいいのです。

Unizon(ユニゾン)の基本的な仕組み

細かい設定やツールはあるのですがわかりやすさ重視で解説していきます。

この仕組みが細かなニーズに合わせられる応用力の高さの理由になりますね。

Unizon(ユニゾン)のユーザーは2つの役割を持つ人に分かれる形になります。

1.企画者→保険プランを企画するユーザー
2.加入者→保険プランに加入するユーザー

そうです!

ユニゾンはユーザー自身が必要だと思う保険を作りそれに賛同してくれる人と協力して、

将来に対する不安を解消するためのプラットフォーム(環境)を作り出すことが真の目的です。

そしてシステム使用料としてユニゾンは利益を上げ、保険料や保険金としてUZNトークンが使われるという形です。

 

ユニゾンではすでにある企画に加入するもよし、企画者が自分で作った保険に入る事もできます。

保険を企画するなんてしたことがないし、どれだけの保険料を設定すればいいかなんてわからないという人が大多数だと思いますが、ユニゾンはユーザーをサポートするツールやAIによるチャットボットを用意していますので安心して作る事ができます。

ユニゾンを利用すれば失敗はしないので安心!

どんな便利なツールを使って保険を作っても素人が作ったものには変わりません。

ズル賢い人が保険金をだまし取ろうとしてくるかも知れません。

その時はユニゾンが提携している調査機関があるのでそこに頼めば、

適切な処置がなされるため失敗はほぼないと思われます。

ユニゾンを利用した保険「企画者」のメリット

ユニゾンの仕組みは企画者の保険プランが重要になってきます。

そのプランをより良いものにするために、企画者には

そのプランに集まった金額から報酬を受け取れるようになっています。

上限は3%で企画者が自由に割合を決めることができます。

 

ですが、3%はこの手の報酬からすると高い割合になるため、

加入者から理由を聞かれることもある仕様なので自然とその市場に

合わせた報酬の割合になるとユニゾン側は考えているようですね。

 

全世界が市場になるので集まる金額も膨大になる可能性もあるため、

1%でも利益としては十分出ると思われます。

ユニゾンを利用した保険「加入者」のメリット

加入者のメリットは何と言っても「保険料の安さ」に尽きますね。

従来の保険では前述したコストが膨大で加入者の保険料はその補てんに使われる、

つまり実際加入者が払う保険料は高くなりもらえる保険金は少なくなってしまいます。

しかしユニゾンは集まった保険料から次の分しか徴収しません。

・運営費:2%
・企画者報酬:0~3%
・救済プール金:2%
・監査調査料:2%
合計最大手数料=10%

救済プール金というのは想定範囲外の非常事態に対して使われるもので、

全ての保険プランから徴収され全アカウントで確認することができるため非常に透明性の高いものですね。

手数料がこれだけなので保険料が安く済むと言うわけですね。
※保険プランによって差があります。

そして保険の数も企画者の数だけありますし、

もし自分にとってピッタリのものがなければ自分で作ればいいんです。

自分とって都合のいい保険をピンポイントで入っておくことができるのは、

低所得者にとって保険料を削減しつつ将来の不安に備えることができるのでとても安心できものになります。

保険料・保険金の算出

UZNトークンは米ドルを基軸に考えられていますので、日本にいる場合は為替の影響を受けることになります。

得するときも損するときもあるため、このあたりはちゃんと理解しておかないといけませんね。

ユニゾンのICOの概要

では本題のUnizon(ユニゾン)のICOについての解説に入っていきます!

ユニゾンのICOは2018年3月15日から始まりました。

価格は1UZNトークン=0.2米ドル(約20円程度)です。

 

ユニゾンのICOは大まかに分けて3ステージ、細かく分けると7段階に分かれていてそれぞれの機関が短く、

かなりスピード感のあるものなので注意が必要です。悩んでいる間に終わってるということにならないようにしましょう。

それぞれのステージ+期間でボーナスの割合が大きく変わります。

ボーナス(購入金額に対してタダでもらえるトークン)の割合は早ければ早いほどより高くなります。
※区切りはam9:00です。

 Unizon(ユニゾン)のICO開始後最初の2日間はなんと100%のボーナスが付きますので、2倍のUZNトークンを購入することが出来ます。

Unizon(ユニゾン)プロジェクトに賛同し可能性を感じて投資した場合には出来る限り早めに購入するようにしましょう。

アーリーバードステージ

3月15日~3月17日 ボーナス割合100%
3月17日~3月20日 ボーナス割合 75%
3月20日~3月31日 ボーナス割合 50%

ミドルステージ

5月15日~5月22日 ボーナス割合 30%
5月22日~5月31日 ボーナス割合 15%

ファイナルステージ

7月15日~7月22日 ボーナス割合 10%
7月22日~7月31日 ボーナス割合 0%

ユニゾンICOセールへの参加方法

ユニゾンの公式HPから登録することで購入することが可能です。


事前登録で40UZN+25UZN=合計65UZNトークンがタダでもらえる!

 ※事前登録は終了しました。現在トークンセール中です。

ユニゾンでは3月15日のアーリーバードステージまでに公式HPから事前登録することで、

合計65UZNトークンがもらえるキャンペーンをやっています65UZNは約1300円相当ですね。

 事前登録で40UZN、ユニゾン公式のLINEに登録すれば更に25UZNを無料で獲得することが出来ます!

ユニゾンの登録方法とエアドロップのもらい方はページの詳しく後述しておりますのでそちらをご覧ください。

 

UZNの価値が今後どのくらいまで上がるかは確かなことは言えませんが、最大発行数は5億枚程度です。

発行上限が1000億枚のリップルで2018年3月上旬で90~100円ほどです。

需要によって価値は大きく左右されますが、発行上限が低い方が希少価値が高くなる傾向があるのも事実です。

とにもかくにもタダで手に入るのでプラスでしかないこのキャンペーンを見逃す手はないでしょう。

いつから取引所に上場するの?

ユニゾンのホワイトペーパーによると2018年9月に取引所に上場(トークンの売買ができる)が決定されています。

本格的にサービスが開始されるのは2020年になる予定みたいです。

Unizon(ユニゾン)のICOに参加するメリットまとめ

エアドロップでの無料トークン配布※事前登録は終了しました

とにかくUnizon(ユニゾン)ICO現在の目玉は事前無料登録で65UZNトークンがもらえるということです。

1UNZ=0.2ドルとなりますので、13ドル約1300円相当が無料で配られます。

配布時に800円でもこの先上場などすれば数倍~数十倍になる可能性が十分あるので

貰えるものは貰っておいた方がいいですね!

販売開始2日間はなんと100%のボーナス付与

そして、エアドロップ時に無条件で40トークン貰える+同時に

3月15日からUnizonのトークン「UZN」の販売が開始されます。

ここでUnizonのICOの凄さなのですが、先程も説明した通り最初の2日間は100%ボーナスが付与されます!

Unizon(ユニゾン)ICOスケジュール

ボーナス率について

販売開始後2日以内の購入ならば本来の倍のトークンが購入できます!
(例:10万円で20万円分のUZNを購入出来るということ)

ただし、40,000,000UZNが完売したら100%ボーナス付与は終了しますので逃さないためにも事前登録をしておきましょう!

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOのまとめ

今後発展途上国でもインターネットのインフラ整備は優先的に

行われていくことは十分予想されますし、将来に対する不安は必ずあります。

 

Unizonでは企画者が、加入者にとってよりよい保険を企画することで、

Unizonに保険加入者が集まり、保険料をUZNトークンで支払います。

 

ということは、保険料を支払うためにUZNトークンの需要が高まり、

UZNトークンの価値が高まっていくような好循環が生まれるトークン設計がされているのです!

 

40億人の市場はとても大きいので今の内なら少額で投資を始められますし、中~長期的に見て利益も十分あるでしょう。

まずはUZNトークンの価値が9月の上場後にどこまで伸びるか楽しみですね!


※詐欺・ハッキングの注意※
毎度のことですがICOの際には偽登録サイトが出回ることが多いです、Unizonに投資する場合にも十分注意してください。 当サイトでは詐欺に関与するサイトへの誘導などは一切行っておらず全て公式サイトへのリンクとなっておりますので安心してご登録いただけます。

仮想通貨 Unizon(ユニゾン)のICO事前登録~Airdropの付与までの手順

Unizon日本語公式ICOサイト

ページを開いたら【AIRDROPに参加して40UZNを無料獲得】をクリックします。

メールアドレスを入力して【登録】をクリックします。

下記の画面に変わります。

自動でメールが届いているので開いて記載されたURLをクリックします。

名前・生年月日・パスワードを入れて【登録】をクリックします。

Unizonの事前登録完了でトークンの購入は必ず公式マニュアルを確認しましょう。

無事、40UZNがAirdropされています!

更に25UZNのボーナスを獲得する方法

メール内のLINE登録URLをクリックします。

 

LINEに追加すると同時に25UZNを受け取るためのフォーム案内があります。

ユニゾンのICO事前登録をしたアドレスでフォームを送信します。

以下の表示がされて25UZNの受け取り手続きが完了です!

 

配布されたらユニゾンのICO管理画面より確認出来ます。
(反映まで数日かかります)

 

仮想通貨 Unizon(ユニゾン)ICO参加登録後のトークン購入手順 [3/15公開]

 

3月15日~17日の2日間は100%ボーナスが付与されますので

今のうちにUnizonのICOに登録をして3月15日のUZN販売開始を待ちましょう!

 

3月15日~購入可能になりました!

 ※トークンの購入手順を間違えないように必ずUNIZON公式ページにログインして以下の箇所からダウンロードできるPDFマニュアルを見ながら購入手続きを行うようにしましょう。


 

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。