※バイナンスのCEOから資産は安全だとの発表がありました。自動セキュリティが動いて食い止められたようです


バイナンスがハッキングされたと情報が回っているのでこのページに状況をまとめてゆきます。

どうやらバイナンスのAPI利用者のアカウントが大量にハッキングされて不正に送金が行われてしまった模様です。

バイナンスは今出金が一時停止されています。

コインチェック騒動の再来になりかねない大問題ですが、

とりあえずバイナンスの取引所自体がハッキングされたわけではないようですので落ち着きましょう。

 ※バイナンスのCEOから全ての資産は安全だとの発表がありました。

Twitterからの投稿から

 

 

 

ビットコイン相場は暴落しました※2018年3月8日AM3時

 

BINANCE(バイナンス)CEOからの正式発表出ひとまず安心!

※バイナンスのCEOから資産は安全だとの発表がありました。自動セキュリティが動いて食い止められたようです

Microsoftによる英語からの自動翻訳:

すべての資金は安全です。取引活動には不正があり、自動警報が発生した。 一部のアカウントは、以前からフィッシング詐欺によって侵害されている可能性があります。 まだまだ調べています。 すべての資金は安全です。

 

バイナンスハッキング+α仮想通貨市場に与える影響

今回の件はバイナンス本体のハッキング被害ではなく、セキュリティも動いたため最悪の事態には至らずです。

とりあえずひと安心、よかった。

しかし、コインチェック事件からせっかく少しずつ市場が回復してきていたのにこのような悪い方向の話題により更に冷え込みそう。

また、以下の記事からも日本の仮想通貨市場はかなり雲行きが怪しいです。

金融庁は複数の仮想通貨交換会社を一斉に行政処分する方向で最終調整に入った。一部の業者には業務停止命令も検討。顧客保護の体制やマネーロンダリング(資金洗浄)防止措置などが不十分と判断したためだ。巨額の仮想通貨が外部に流出したコインチェック(東京・渋谷)には2度目の業務改善命令を出し、被害者への補償作業を監視する。

 

ここのところ各取引所トラブル続きでしたので、

運勢の規模感関係なく行政処分が施される可能性があります。

特にZaifとGMOコインが怪しいかも。。

Zaifはサーバーの弱さ、ビットコインの異常な価格変動、0円で通貨が買えてしまった状況などシステム障害が常にとなり合わせな部分があります。

また、GMOコインは前々から一時的に仮想通貨の購入制限をするなど、「それ大丈夫?」と感じる事をしているかつ、FXのレバレッジも25倍まで出来ると他の国内取引所と条件が違うことから指導が入りそう。

あくまでこれは著者の個人的な考えです。

 

とにかく、100%安全な取引所など世界中どこにもないのが今の仮想通貨状況ですので、

個々のウォレットに移すことや分散が大事です。

 

仮想通貨の売買は取引所を介さないといけないので仕方がないですが、

売買しないときは取引所にはおかないこと。

仮想通貨取引所が銀行の様になってほしくても、まだそこまで信頼できるものではないのです。

必ずリスクを念頭に置いて、自分の仮想通貨資産を守りましょう。

 

ハードウォレット持っていない方は用意した方がいいです。

昨日見た際には在庫ありでしたが、今回の事件でまた品薄になる可能性もあります。

 

それでは本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

こちらもエアドロップ有!Firopは世界的な水不足を解決するためのプロジェクト
AR技術とゲームクリエイターを応援するためのプロジェクトGeAR

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で