当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


米国、日本共に確定申告の納税日が過ぎて久々に仮想通貨市場全体が上昇傾向にある明るい相場となっていますね^^

その中でも特に大きな上昇を見せている通貨の一つがビットコインキャッシュ(BTC)。

仮想通貨の初心者の方の中には、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、有名な仮想通貨にしか投資したことがない方も少なくないと思います。

仮想通貨にはさまざまな種類のものがあり、その中でビットコインの兄弟のような通貨が「ビットコインキャッシュ(BCH)」。

しかもビットコインキャッシュはビットコインよりも性能が良く決済に向いているなど、大きなポテンシャルを秘めた通貨だと非常に注目されています。

今回は、「ビットコインを超えたビットコイン」と呼ばれるまでになった、ビットコインキャッシュ(BCH)のポテンシャルについて見てゆきましょう。

ビットコインキャッシュの特徴から見るポテンシャル

ビットコインキャッシュは、ビットコインが「ハードフォーク」されて誕生したものです。

ハードフォークとは、簡単に言えば「分裂」という意味で、仮想通貨はよくこういったハードウォークを行います。

最近こそ少なくなってきてはいますが去年後半はビットコインのハードフォークは頻繁に行われていました。

そんな状況の中、最初に行われたビットコインの大きなハードフォークで生まれたのがビットコインキャッシュでした。

ビットコインキャッシュの主な用途はビットコインと同様に「決済」、通貨単位は「BCH」です。

ビットコインキャッシュは20178月にICOが行われました。

発行上限は2100万、BCHブロック認証サイクルはビットコインと同じ10分ですが、1ブロックの容量が8倍となっています。

この「容量の増大」は、ビットコインキャッシュがビットコインを超えるポテンシャルを秘めていると言われる理由の1つになります。

そもそもなぜビットコインをハードウォークしたのか?

ビットコインキャッシュが誕生した理由は、ビットコインが抱える「スケーラビリティ」という問題でした。

スケーラビリティとは
スケーラビリティとは拡張性の事です。
ビットコインにおいてスケーラビリティを簡単に言うと、取引量が少なくても多くなっても同じように安定した取引が出来る事がビットコインにおいてのスケーラビリティ。 そして現状ビットコインには「スケーラビリティ問題」という事があります。 ビットコインの場合、10分に1回生成される「ブロック」に書き込めるサイズの上限は1MBですが、このブロックサイズが上限に達してしまい、ブロックに入らない取引の件数が多くなると、送金に時間がかかる、送金要求が承認されない、取引手数料が高騰するなどの問題があるのです。

2017720日、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために、「ビットコイン改善提案(BIP)91(通称Segregated Witness)がアクティベートしました。

その内容を簡単に言えば「ビットコインの負担を減らすために(スケーラビリティをなくすために)ビットコインを分裂させよう!」というものです。

ビットコインを分裂させることにより、分裂した分のビットコインを改良することを可能としたのです。

そして研究開発の結果、ビットコインキャッシュ(BCH)は誕生しました。

今でもビットコインはスケーラビリティ問題を抱え続けているがため、送金手数料が高く、送金に掛かる時間も長い事があり、通貨としての機能を果たす際の利便性を考えるとあまり優秀とは言えないですが、現状でそれらの問題を解決出来ているビットコインキャッシュは非常に優れているという事をよく言われているのです。

ビットコインキャッシュのハードフォークに深く関わった中国マイナーであるジハン・ウー氏は「ビットコインキャッシュが本当のビットコインだ」と口にするほど。

ビットコインのハードフォークで生まれたビットコインキャッシュは当初邪魔者扱いする人も多かった中、今ではビットコインとは違った実用面でのポテンシャルを感じて投資している方も非常に多いです。

ビットコインとビットコインキャッシュの違いとは?

前述した通り、ビットコインとビットコインキャッシュとの大きな違いは1つ、「最大ブロック容量」です。

ブロック形成の際、ビットコインには「最大容量が1ブロックあたり1MBまで」という制約がありました。

そのため、大量のユーザーが一度に送金をしてしまうと、ブロック形成が間に合わなくなり「送金詰まり」という現象が起きてしまうことがありました。

「送金詰まり」が起こってしまうと、ウォレット間のビットコインの送金に2時間以上、場合によっては1日かかってしまうという事態にもなりました。

この「送金詰まり」を解決するためにビットコインキャッシュが生まれたと言ってもいいでしょう。

 

ビットコイン(BTC)の1ブロック当たりの最大容量が1MBなのに対し、

ビットコインキャッシュ(BCH)の1ブロック当たりの最大容量は8MBです。

これにより送金スピードが上がり「ビットコインを超えるビットコインが誕生した」という声も上がりました。

そのポテンシャルの高さにより、ビットコインからビットコインキャッシュへ移行するマイナーも増えました。

 

特に記憶に新しいのが、2017年11月10日のビットコインキャッシュの価格高騰です。

後にその真相について詳しく話しますが、この時は「ビットコインキャッシュがさらにハードフォークを起こすのではないか」という噂が上がりました。

さらに、ビットコインの神と呼ばれるロジャーバー氏(仮想通貨の億万長者)が「マイナーはビットコインからビットコインキャッシュへ移行しよう」という旨のコメントをしてビットコインキャッシュを支持する姿勢を見せました。

当時、ビットコインの神と呼ばれる重要人物ですらも、「いずれビットコインからビットコインキャシュに移行する時が来る」「ビットコインキャッシュの方が今後使われるポテンシャルを高く秘めている」という意向を示している事が市場に響き渡りました。


画像引用:Wikipedia

その結果、ビットコインからビットコインキャッシュへのマイナーの大移行が始まり、ビットコインは送金詰まりが多発し、当時ビットコインキャッシュの価格はビットコインの5割ほどまで高騰しました。

ビットコインキャッシュのこれまでの値動き

下の図は、ビットコインキャッシュが公開された日から2018年4月19日までのチャートになります。

公開初日の終値は1BCH85003.50円でしたが、その後10月までの約2ヶ月間下降トレンドが続きます。

その後、仮想通貨ブーム熱が最高潮に高まった2017年末~2018年初旬にかけて急激に値が上がり、最高値の1BCH=428738.41円を付けました。

更にその後は下落が続きますが、1月初旬に「ビットコインキャッシュがハードフォークを行い、ビットコインキャッシュキャンディが公開される」と噂されると再び30万円台を突破します。

しかしビットコインキャッシュキャンディ公開後に価格は下落し、20万円台を切ってしまいました。

 

そして2018年3月中旬には公開時の価格付近へ戻ってしましました。

しかしご存知の通り1月中旬以降の下落はビットコインキャシュに限ったものではなく、仮想通貨市場全体のものです。

コインチェックのハッキング騒動やG20への仮想通貨規制不安、その他様々な悪要因が次々と重なり、1月中旬~4月中旬の約3ヶ月に渡り冷え切った相場が続いてきました。

この通りビットコインキャシュも価格が大きく下がってしまったのですが、

実は他の仮想通貨と比べると注文量が比較的多く、人気は衰えていないといえるでしょう。

ビットコインキャッシュは注文の出来高が大きいことが特徴で、理由としては「ビットコインキャッシュのハードフォークにより、さらに進化した仮想通貨が手に入るのでは?」という思惑があるからだと言えます。

この「さらなるハードフォークの可能性」が、ビットコインキャッシュの大きなポテンシャルだと言えるでしょう。

ビットコインキャッシュのポテンシャルは無限大!

ビットコインキャッシュの1番のメリットは「ビットコインと比べて送金詰まりが起こりづらい」ことにあります。

また、ビットコインキャッシュがさらなるハードフォークを起こして、より良い仮想通貨が誕生するというポテンシャルも秘めています。

「ビットコインを超えたビットコイン」になり得るビットコインキャッシュを安く買うなら、価格が公開時近くまで下がっている今こそが最後の買いのチャンスなのかもしれませんね。

ビットコインキャッシュのポテンシャルを考える際の注意

今回はビットコインよりもビットコインキャッシュの方が大きなポテンシャル持っているのかもしれないという話を散々してきたわけですが、最後にお伝えしておきたい認識の注意点が事があります。

それは、ビットコインキャッシュがビットコインを超えると言われているのはあくまでも性能や一部の技術的なポテンシャルを考えての話。

勘違いしてはいけないのが、どんなにポテンシャルが高く見えるビットコインキャッシュとは言えど、ビットコインキャッシュがビットコインの価格を超えるという事は考えにくいという事。

ビットコインはあくまでも全ての仮想通貨の原点であり、仮想通貨界の王様。

そして何より既に圧倒的な流通量を誇り、各取引所を見ればわかる通りビットコインが基軸となって仮想通貨の売買が行われています。

ビットコインキャッシュに対してビットコインも今後進化しないわけではありません。

何らかの方法でスケーラビリティー問題などの現在抱えている問題点を改善してくるかもしれません。

そして何より最終的に、お金(通貨)として使われる暗号通貨に沢山の種類は必要ありません。

現状まだまだ少ないですが、それでも最も現実世界での支払いで使用されているのはビットコイン。

仮想通貨に取り組んでいない一般層でも認識しているのはビットコイン。

イーサリアムやリップルなど、「支払い」という面以外での使われ方をする通貨はまた別ですが、「一般の方が仮想通貨で料金の支払いをする」ということだけを考えると「ビットコインだけあればいいじゃないか」という意見も多くあるのです。

ビットコインが今後そのような立ち位置に変化するかはわかりませんが、まだまだビットコインとビットコインキャッシュの価格差が逆転するような事が起こるほどまでの、金額的価値においての変化が起こることは考えにくいでしょう。

 

とは言え現在10万円前後のビットコインキャッシュ。時価総額は常に4位を維持しています。

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

一度は40万円を超える価格を付けているので、ビットコインキャッシュは最低でも40万円付近まで伸びるポテンシャルがあることは証明されています。

今後は仮想通貨市場が伸びると共にビットコインとビットコインキャッシュの価格差が縮まってゆくかもしれません。

現時点の価格からの伸びしろで言うとビットコインよりもビットコインキャッシュの方がポテンシャルを秘めているかもしれませんね!

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)の購入方法

最も有名なセキュリティに強く安心できる取引所、ビットフライヤー。

日本国内最大手でありビットコインの取引量は国内最大、セキュリティ面でも世界的に高い評価を得ている安心安全の仮想通貨取引所ですので、まずはビットフライヤーを利用してみましょう。

CMでもお馴染み!ビットコインの取引量日本一bitFlyer
・2014年1月設立。(日本で一番歴史の長い取引所
国内最大手、ビットコイン取引量日本一。
世界一のセキュリティ評価を得た安心感のある取引所。[参考]
・最大500万円までの不正アクセス補償。
金融庁登録済みの仮想通貨取引所
ビットフライヤーは日本のビットコインなどを取り扱っている仮想通貨取引所の中で恐らく最も知名度があります。
成海璃子さんのCMでもお馴染みですね(^^)ビットフライヤーの長所はとにかく安心安全という面において世界一のセキュリティ評価を得ている事です。初心者に優しい信頼できる仮想通貨取引所(販売所)がビットフライヤーですね!

 

少しでも安く買いたいなら売買にかかる手数料が安いZaif(ザイフ)!

Zaif(ザイフ)で扱う通貨は全て販売所ではなく取引所で購入が出来るため非常に手数料が安いです!同じタイミングで各通貨ビットフライヤーとZaifの購入価格を見比べるとかなり差があります。ビットコインキャッシュだと数千円~違いますので、Zaifで購入した方がお得です!

通貨の種類も多く、圧倒的に手数料が安いのが魅力!
・2015年3月設立。
全通貨取引所売買可能(手数料安い・指値注文可能)
積立サービスあり。
・独自の通貨(トークン)の取り扱いあり。
金融庁登録済みの仮想通貨取引所
Zaifはテックビューロの運営する仮想通貨取引所です。 テックビューロはNEMという仮想通貨をベースとした独自のブロックチェーンを持っていることから株式市場でも注目されている仮想通貨取引所です。 また仮想通貨積立ができたり様々なトークンも上場していたり、ほかの取引所にはない個性があるため人気です。「板」で売り買い出来るため、全取り扱い通貨指値注文可能かつ手数料は安いです!(売買を頻繁にする方は絶対に板取引)Zaifコイン積立など独自のサービスも構えているため必ず利用したい国内取引所です。

ビットフライヤーとZaif(ザイフ)以外の仮想通貨取引所

仮想通貨の取引所はこれ以外にも複数あります。

取引所では売買時に手数料がかかりますから、少しでも安い手数料のところに人気が集中します。

そして、手数料以外にも各取引所で扱っている仮想通貨の種類が異なっていたり、独自のサービスがあったりと特徴に違いがありますので、1つに絞るのではなく最低でも3つは使うようにする事をおすすめします。

(利用する仮想通貨取引所に関しては以下のオススメ仮想通貨取引所ランキングの記事を参考にしていただければと思います。)

それでは本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。