当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


仮想通貨 モネロ(Monero/XMR)

モネロとは、2014年4月に公開された通貨であり、「モネロ」はエスペラント語で「コイン」という意味を指します。

モネロの第一の特徴は非常に匿名性の高い仮想通貨だという事。

流通量などはビットコインに遠く及ばないものの、一般的な特徴はビットコインとさほど変わらない通貨となります。

ですが、ビットコインより優れている点があるため、その特徴をこちらでは紹介していきたいと思います。

モネロ(Monero/XMR)でできること、特徴

モネロの特徴をまとめていきたいと思います。

高速取引が可能

モネロにはブロックサイズに制限がないことが特徴の一つとしてあります。

ブロックサイズに制限が存在しないため、取引の量が多くなっても

ブロックサイズを増やすことで多額の取引と承認スピードを速めることが可能になっています。

 

ちなみに、ビットコインでは1つのブロックサイズに1MBまでと

制限が決まっているため、1つのブロックで対応できる取引データ量は決まっています。

1秒あたり3取引と言われているのに対し、承認時間に約10分ほどかかりますが、

モネロの場合取引承認にかかる時間は約2分と言われており、

ビットコインよりも早いスピードで取引を行うことが可能です。

 

高い匿名性

モネロは、とても匿名性が高く、

誰が誰に対してどのくらいの送金を行ったのかが分かりません。

CryptoNoteという匿名性に特化したプロトコルを利用し、リング署名という概念を使用しています。

※リング署名とは
個人ではなく複数名でまとめて署名し、個人の特定を不可能にすることです。複数名の署名であるため、受信者側や第三者は、どのアドレスが送金や決済をしたのかが分からなくなります。

 

ビットコインなどでは、「https://blockchain.info/ja/home」でビットコインアドレスを検索すれば誰がどこにどれだけのビットコインを送金したのかがわかります。(個人の特定はできませんが、どのアドレスがかどうかまでは特定が可能。)

自身が所有しているビットコインアドレスからどのくらいのビットコインを所有しているかなどが分かってしまうのに対し、モネロの場合は外部からはそれを追うことができません。匿名で送金をしたい場合などはモネロの特徴を活かすことができます。

 

また、モネロはその匿名性を保つためにステルスアドレスという特徴も持っています。

※ステルスアドレスとは

モネロには、閲覧用と送金用の2つの秘密鍵が存在しています。

この2つの鍵からパブリックアドレスが生成されています。

ステルスアドレスについて送金時のシステムの動きの順は以下になります。

  • 送金先の人が受取人との間で使用する専用の鍵(共有鍵)を生成
  • 送金者がワンタイムアドレスを生成し、送金する
  • 受取人は共有鍵を使って、ワンタイムアドレスが自分宛てに送られていることがわかる
  • ワンタイムアドレスに取引履歴が管理されているため、公開アドレスを見ただけでは、個人の取引履歴が分からない。

マイニングが個人でもできる

モネロのマイニングは普段使いのコンピューターなどの端末でもマイニングを簡単にすることが可能です。

ビットコインなどでは、ASICというマイニング専用のコンピュータで専用のアルゴリズムを使ってマイニングを行います。

モネロの場合は一般の人もマイニングが可能なので、マイニングを行う業者を分散化させることに成功しています。

モネロ(Monero/XMR)の特徴「匿名性」ゆえの懸念

モネロは、匿名性がほかの仮想通貨と比べて非常に高いがゆえに懸念材料を持っています。

それはマネーロンダリングやダークネットマーケットなどで使用される可能性があるということです。

実際に「AlphaBay」というオンラインマーケットで採用されてしまい、

闇市場での違法な売買につかわれることが懸念とされていました。

また、取引情報が記録されないがために、

万が一、ハッキングなどにより取引所からモネロが盗まれた際などに保有を証明する手段がありません。

モネロ(Monero/XMR)の将来性

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

非合法な取引などでの使用など懸念材料もありますが、

決してそのためだけに使われるものではありません。

仮想通貨外の技術やビジネス、マーケットを発展させてくうえで

匿名性通貨でないといけない場面と言うのがあるのです。

そんな匿名性通貨の中でもモネロはモネロ(XMR)は圧倒的な流通量を誇ります。

 

匿名性通貨が複数ある必要はありませんが、

必ず必要な分野の一つと考えた時に

現状モネロ(XMR)は有望な通貨と言えるでしょう。

 

今後、予想されている使用ケースとしてはカジノなどでの利用です。

セキュリティーやプライバシー保護などの観点からほかの通貨と比べると非常に優れているため、

このユースケースでは非常に価値があると期待されています。

モネロ(Monero/XMR)を購入出来るおすすめ取引所はバイナンス

取引高世界一、世界中の人が使う仮想通貨取引所!
モネロ(XMR)の取り扱いあり
取り扱いの銘柄数が超豊富かつ手数料が0.1%と業界でも最安レベルなので海外取引所はBinance(バイナンス)だけあれば大抵対応可能です。また、バイナンスはハードフォークにもかなり柔軟に対応してくれているので、ビットコインなど各通貨のハードフォークなどが行われる際にはバイナンスに置いておくことをおすすめします。
バイナンスは日本語対応(専用Google翻訳)をしており、日本の取引所と違って速攻口座開設して利用出来ます。

 

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。