当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


2017年の末から話題になっている仮想通貨テザー(Tether/USDT)

仮想通貨の根幹を脅かす問題として注目を浴びていますが、仮想通貨の取引を始めたばかりの人にとっては何のことかよくわからず、どれだけ重大なのかこのまま投資していて大丈夫なのか不安ですよね?

今回は、テザーとは何なのか?どんな問題で今後の見通しはどうなのか?について説明してゆきます。

仮想通貨、テザー(Tether/USDT)とは何か?

テザーは(以下仮想通貨の時はTetherと表記)はテザー社が発行している仮想通貨で、

特徴を簡単に言うと「価値の変動がない仮想通貨」です。

詳しくはその時点の米ドルと同じ価値がある仮想通貨ですね。

ですからテザーをUSDT(USD=米ドル、T=Tether)と表記されることもあります。

 

何の意味があるのかというと仮想通貨のメリットでもありデメリットでもある、価値の変動の影響から資金を守る事ができます。

今は仮想通貨は投資目的の意味合いでとても注目されていますが、本来の目的や需要はいずれ来るであろうキャッシュレス社会やグローバルでスピーディーなマネーの流動に使われるのがメインなのです。

その時に価値が1日で数十%も変動されてはやり取りができません。

価値が一定であるというのはビジネスや日常生活には非常に有用なのです。

投資でも仮想通貨を値下がりする前にテザーに変えておけば、価値が変わらないので損失を最小限に防ぐことができます。

テザー(Tether/USDT)問題とは何か?

しかしそんな安定性のある通貨Tetherが現在、仮想通貨市場を脅かすのではないかと言われています。

Tetherが今何が問題視されているかと言うと「Tetherを無限に生み出している疑惑」が出たのです。

 

仮想通貨は法定通貨(円やドルなど)と同じで発行量が有限です。

無限に生み出すのは市場が混乱しますし、偽札を作っているのと同じ行為です。

基本的に「テザー社が持っている米ドルと同じ量」しか発行してはいけないルールがあるのですが、

それを無視して持っている米ドル以上のTetherを発行したのではないかと問題になっています。

 

Tetherは仮想通貨もしくは法定通貨で買う必要があるため、

現在発行されているTetherと同じ額の資金がテザー社にあり、

それ以上のTetherが流通しているのは明らかにおかしいと言うわけです。

 

過去にテザー社が多くTetherを発行しているタイミングで、ビットコインが大量に買われるということが何回も起きています。

この行為はつまり「タダでビットコインを手に入れている」ということになるのです!

 

テザー社が発行しているTetherは約3000億円とされています。

それだけの資金があるというのは信じがたいという疑いをもたれたり、Bitfinexという取引所と共謀して仮想通貨の価格操作をしたとして2017年12月にマーケットの警察の役割があるCTFC(米商品先物取扱委員会)に召喚状が発せられています。

犯罪の容疑がかけられいるということですね。

もしこれが本当なら全ての仮想通貨の信用を無くす恐れが大きく、

そうなると価値が暴落したり最悪の場合は仮想通貨の取引が全面的に禁止されるかもしれません。

そこまで大きな問題ではないという声もある

確かに一時的な価格の低下は避けられませんし、現在もビットコインの価格は2017年末より半分以下にまで下がっています。

一見終了ムードが漂っているようですが、三菱UFJも独自の仮想通貨を発行することを表明していますし前述したキャッシュレス社会などのムーヴメントを止めることはできないでしょう。

今から違う方法でその社会を実現する時間と労力と資金をかけるよりも、今あるものをブラッシュアップする方がはるかに簡単です。

 

そもそもTetherは仮想通貨全体からするとそこまで発行数が多くありません。

時価総額がTetherが約20億ドルに対し、ビットコインは約1700億ドルと2桁も違いますね。

他の仮想通貨も入れると全体の割合としてはさらに小さくなります。

もしTetherが消滅したとして、さらに投資家達の不安が上乗せされたとしても仮想通貨自体の存在は無くならないという見解があります。

以前ほどのバブルになるかどうかは定かでありませんが引き続き今後に期待はできるという事ですね。

Tether(テザー)の仕組みは必要なこと

今回の問題はテザー社の倫理観が問題であって、Tetherの仕組み・役割は前述した通りビジネスや日常生活で必要です。

コインチェックも仮想通貨自体は素晴らしい仕組みですが、それを扱う取引所の管理能力が不十分なところを犯罪者に突かれてしまったということが言えます。

今後様々な仕組みや法整備によって変動はありますので安心はできませんが、大きな可能性がある事には変わりません。

テザー(Tether/USDT)問題のまとめ

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

数年前のマウントゴックス社の事件もあったのに、ここまでのバブルを引き起こした仮想通貨の将来性は侮れません。

Tetherもどうなるかわかりませんが、今のところ潰れるという情報は出ていませんね。

まだまだ未熟な分野ですので、投資目的で考えている人はちゃんとリスクを管理してから行いましょう!

芸人で全財産を失ったというような人もいますが、リスク管理が不十分だとそういったことになりますよ。

まだまだ発展途上だからこそ大きな可能性を持つ反面、あらゆるリスクに対して考えなければならないのです。

仮想通貨でに投資をして資産を大きくする際には「自分の身は自分で守る」という事を必ず考えてリスクヘッジしながら取り組んでゆきましょう。

 

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。