当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


2018年6月4日、待望のSBIバーチャルカレンシーズのサービス開始がSBIホールディングスより発表されました!

まずは去年先行予約で口座開設を申し込んでいたユーザーへ順次取引に必要なパスワード等を郵送するとの事。

一般の口座開設受付は2018年7月の開始予定となります。

そして肝心のサービスの内容ですが、最初はXRPのみの取り扱いとの事。

その後BTC・BCHの取り扱いへと拡大し、業界最低水準のスプレッドかつ高速で取引できる環境を整えてゆくそうです。

SBIバーチャルカレンシーズは2017年の9月に金融庁から仮想通貨交換業者の登録を受けて10月に口座開設の先行予約を受付するも、仮想通貨のハッキング騒動など様々な問題から再度セキュリティ面や顧客保護の管理体制を整えるために開始時期を遅延させていました。

そして夏頃にはサービスを開始したいと話がありましたが、今回のアナウンスにより丁度夏に入るころの7月には一般ユーザーもSBIバーチャルカレンシーズを利用できるようになります^^

以前SBIバーチャルカレンシーズがどのような取引所になるのか当サイトで記事にしたことがありますが、元々予定されていた取り扱い通貨は「BTC、BCH、ETH、XRP」でした。

しかし今回リップル(XRP)のみのスタートというかなり制限をした状態でのサービス開始になりました。

正直XRPのみでは取引所として利用する機会があまりないような気はしますが、あの大手SBIグループの取引所という安心感と、本格始動という事が追い風になり、今後の仮想通貨市場に良い影響を与える可能性が大きいです。

SBIバーチャルカレンシーズが業界最低水準のスプレッドで一通りのメジャー通貨を扱える取引所となれば一気にユーザーが流れてゆきそうですね。

今後SBIバーチャルカレンシーズを利用するまでに行いたい事。

SBIバーチャルカレンシーズを利用する際にはSBIネット銀行を開設しておきましょう。

SBIバーチャルカレンシーズに限らず他の取引所でも、SBIネット銀行の場合だと24時間入金が反映したりと突出して利点が多いネットバンクなため、既に仮想通貨の取引にはSBIネット銀行を使っている方が多いと思います。

もしもSBIネット銀行の口座をお持ちでない場合は今後のために口座開設をしておきましょう。

 SBIバーチャルカレンシーズの入金・出金説明に関するページに記載されていますが、SBIネット銀行からでないと日本円の入金が出来ないようになっています。
入金・出金|SBIバーチャル・カレンシーズ

そして出金する場合にもSBIバーチャルカレンシーズではSBIネット銀行とそれ以外の銀行で手数料が変わります。

という事でSBIバーチャルカレンシーズを今後利用するには自ずとSBIネット銀行が必須となります。

SBI同士で相性が抜群なのは当然のことですからこのような体制にしているのも頷けます。

ネット社会であり、仮想通貨が実際に使われるようになっている現代ではネットバンクを使用するのが常識になりつつあります。

という事でもしもまだSBIネット銀行をお持ちでない場合はお早めに開設をしておくことをおすすめ致します。

住信SBIネット銀行 公式トップページ
住信SBIネット銀行⇒https://www.netbk.co.jp

それでは本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

リップルの取引に最もオススメな取引所はbitbank
世界でもリップルの取引高がトップクラスに多く、国内で最も手数料が安くリップルを売買できる取引所はbitbankです。
SBIバーチャルカレンシーズが今後どのように進化してゆくかによりますが、圧倒的にbitbankの方が現状優れているので、基本的に仮想通貨取引をするならbitbankをおすすめします。
fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

現在ICO実施中!Firopは世界的な水不足を解決するためのプロジェクト
中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。