当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


現在仮想通貨は1000を超える種類がありそれぞれ特徴がありますが、2018年2月にNEC(日本電気株式会社)が発表した新技術によるブロックチェーンが話題になっています。

セキュリティー・匿名性も高く、そして何より処理速度が他の仮想通貨よりも圧倒的に優れているとしてとても注目を浴びています。

今回はその詳細と今後どうなるのかの見通しを解説していきます。

ブロックチェーンって何?

仮想通貨に投資している方でも実は良く分かっていない場合が多かったりする「ブロックチェーン」。専門用語を使うとわかりにくくなるので、わかりやすさ重視で簡単に説明していきます。

職場のPCと家のPCを同期したりGmailを複数のスマホで同じアカウントを共有している方ならイメージしやすいでしょう。

ブロックチェーン上の情報は全世界で同じものを共有していて、仮想通貨の取引が行われる度にその情報は更新・共有されます。

それを今まではどこかの機関がまとめて管理(中央集権型)しているのですが、その機関のシステムがダウンしたら何もできなくなったり、機関が何か不正をしてもわかりにくいという不便さがありました。

ブロックチェーンでは全世界の有志のコンピューター全てで管理(非中央集権型)していますので、どこか1つのシステムがダウンしても支障はほとんどなく、全てのコンピューターで管理しているので誰かが不正をしてもすぐ発見されます。

しかも一度ブロックチェーンに書き込んだことは上書きはできても改ざんは不可能です。

上書きしたことも記録として残るので、いつだれが上書きしたのかわかるため不正も不可能ですね。

このようにブロックチェーンはどこが一つが管理することなく、全世界共通で不正のない取引が行えるという今までではなし得なかった技術として注目されているのです。

NECのブロックチェーンの何がすごいの?

NECが開発したブロックチェーンは何よりその処理速度が桁違いに優れています。

この処理速度というのはブロックチェーン上に決済などの情報を書き込む速度のことで、これができない事には実際仮想通貨のやりとりが行われないということになります。

ビットコインを例に挙げるとその速度は毎秒7件です。つまり8件目からは1秒遅れることになります。

全世界では膨大な件数の情報がやり取りされているので、これをどれだけ速くできるかが多くの仮想通貨の課題と言えるでしょう。

しかしNECのブロックチェーンでは毎秒10万件という速度で情報を処理できます。

これはクレジットカード決済となんら変わらない、むしろ上回っているくらいなのです。

情報のセキュリティー面でも改良されている

ブロックチェーンはその特性上、情報を不特定多数に公開する必要があります。

取引自体が個人情報になったり企業の取引も公開されるため情報のセキュリティーの点では弱いのですが、NECのブロックチェーンでは情報公開の範囲を関係者に限定しているとされています。

あいまいな表現になったのは、その関係者がだれなのかもしくはどこの機関なのかが発表されていないからです。

ブロックチェーンの考え方だとおそらく複数の機関が関係していると思われますが、セキュリティーにも関わってくるので公開はされないと思われます。

2018年春に取引されるようになる!?

NECはSBIグループと共同で顧客情報をブロックチェーン上に記録して顧客の利便性と業務効率化の実証実験を2017年9月に行っています。

そして2018年春にSBIグループは「Sコイン」という仮想通貨を発行する予定です。

ここからは公式発表されていませんし推測の領域ですが、NECが2018年2月に発表したブロックチェーン技術がSコインに実装されるかもしれません。

そうなるとすでに証券会社として機能しているSBIグループはコインチェックのような問題を起こす恐れは低いと言えますので、今ある主要な仮想通貨の勢力図が書き換わるかもしれませんね。

SBIとリップル(ripple/XRP)の関係は?

仮想通貨に少し詳しい人ならSBIと聞けばリップルが思い浮かぶのでないでしょうか?

協力関係にあった2つが仲たがいするのかと思うかもしれませんが、ちゃんと協力関係は継続中です。

リップルも処理速度が速い仮想通貨として有名ですが、リップルは送金ネットワークのプラットフォーム(土台)になるのがメインなので特に問題はありません。

SBIグループもリップルの株式の約10%を保有していますし、Sコインの全ての詳細は明らかになっていませんが、Sコインをリップルの送金ネットワークを使って送ればWinWinの関係が出来上がります。

まとめ

NECのブロックチェーンはまだ名前もついていないくらいの出来たばかりのものです。

しかし仮想通貨は今まで様々な失敗や課題を乗り越えて進化し続けていて、それらを踏まえて作られているものなので、現時点で一番優秀なものと言っても過言ではないでしょう。

今後その技術が他の仮想通貨にも応用されるようになれば、ますます便利な世の中になりますね。

投資を考えている人はSコインの事を頭の片隅に置いておくといいでしょう。

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。