当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

 


 

本日突如ビットフライヤーからリスク(LSK)の取り扱いを開始したと案内がありました!

 

LSKは当サイト管理人も去年より押していた通貨の一つであり、

今年2018年1年間期待できると見込んでいます。

 

直近でも年間でも価格を押し上げる要因となるであろうイベントが控えています。

リスク(LSK)ロードマップより抜粋
1月 CORE 1.0 アップデート
2月20日 リブランディング(LSKが生まれ変わる)
LSK専用ウォレットの発表予定
4月 SDK(開発者向けツール)配布
6月 LSKをプラットフォームにしたICO開催
(今でいうイーサリアムのような使われ方を大々的にされる)
7月 分散型取引所開設予定

 

CORE 1.0 アップデートに関しては年末に実装される予定だったものの延期になり続けて2月になってしまいますが、

その前にビットフライヤー上場で爆上げになりましたね!

 

下記の様に本日ビットフライヤーに上場してから価格は2300円付近より一気に3200円付近まで上昇!

その後2800円ほどに落ち着いています。

 

コインチェック騒動以降ほとんどの通貨が下げている中リスク(LSK)だけが爆上げとなりました。

 

 

実はビットフライヤーへのリスク上場はないと思っていました・・・

以前当サイトでビットフライヤーの加納CEOが新たな通貨の取り扱いをすると発言してから上場銘柄について

リスクの上場可能性はほぼなくなったという内容の記事を書いていました。

はい、すみません・・・考察は大外れとなってしまいました。

当初の噂通りにリスク(LSK)が上場しましたね(;^ω^)

 

結果的に著者も本格的にコインチェックの被害を受けました。

私は12月頭より年末のコアアップデートを控えていてその後2018年に好材料の多いリスク(LSK)をガッツリ集め始めました。

コインチェックはスプレッド(手数料)が高すぎるので私は極力使わないようになっていたのですが、国内の取引所でリスクを扱っているのがコインチェックしかなかったので、ほぼリスク専用としてコインチェックを使っていました。

リスクは2018年の1年間ホールドする気で枚数を増やしていたのですが、まさかのコインチェックのハッキング事件!

 

この状況時は最悪コインチェックが潰れてマウントゴックス後のような相場になることも考えたため、

本命のハードウォレットに入れている超ガチホ通貨以外の、取引所に残っている通貨の大部分を売って円を作りました。

この時に唯一コインチェックに入れていたLSKもかなり売ってしまったのです。

相場が崩れたところで買い戻そうと円を作ったわけですが・・・結局その後コインチェックは完全ロック!

入出金だけでなく全通貨の売買も出来なくなりました。

という事は。。。

 

現在私のコインチェックアカウントには少量のLSKと大量の円が置いてある状態なのです!!!!

 

はい、

そこでビットフライヤー上場。

他通貨が死んでいる中リスクだけ爆上げ。

このような状況になってしまい、当初ガチホすると決めていたリスクを、

コインチェックの件に振り回されて予定外の動かし方したことで、

せっかくこの1ヶ月間コツコツ枚数を集めていた行為を無意味にしてしまったわけです...最悪

 

私は極力ギャンブルになるようなことはしたくないので、

コインチェックが倒産して日本の仮想通貨市場がどん底に冷え込んでしまうリスクを考えた結果一部通貨を日本円にしましたが、

今回はコインチェックが潰れなかったので私の判断ミス、現時点では行動は無駄になってしまった可能性が高い状況だという事ですね。。

とは言えコインチェックが本当に返金出来るのか?今後継続してやれるのか?
まだ現実になり解決したではないことだけ頭に入れておきましょう。
常に万が一の事を考えておきながら損を最小限に抑えるという事非常に大切です。

 

こんな状況になってしまったが故に爆上げ出来ないリスク(LSK)

現在コインチェック騒動で日本の仮想通貨相場は最悪の下げ相場になってしまっている最中だったため

せっかくビットフライヤーにリスク(LSK)が上場したのに最高値も現状届いていません。

 

とは言え、全ての通貨が下がりっぱなしのところリスク(LSK)だけは爆上げしたので

ビットフライヤー上場の影響がどれほど大きいかというのはよく分かったはずです。

 

しかしコインチェック騒動さえなければ恐らくもっと爆上げしていた事でしょう。

 

そして私は間違いなくリスク(LSK)を手放さずに全て持っていました。

コインチェックやってくれたな!

今になって本格的に怒りがこみ上げてきます。。苦笑

 

とにかくリスク(LSK)の今後は明るい

という事で、現在は状況が状況なのでビットフライヤーに上場しても伸びはイマイチですが、

リスクの今後は非常に明るいものになったと思います。

 

国内No1取引所であるビットフライヤーで取り扱う事は非常に大きなプラスです。

コインチェックがダメになった今リスクホルダーは不安でいっぱいだったかと思いますが、

ビットフライヤーで扱う事で今後も日本人にも注目され続ける通貨となるでしょう。

 

機能的にはイーサリアムに似た通貨ではありますが、

今後リスクをプラットフォームとしたICOも増えてゆくと思われます。

 

そして2月のリブランディングでリスク(LSK)がどのように生まれ変わるのか?

引き続きリスク(LSK)に注目してゆきたいと思います。

 

リスク(Lisk/LSK)を購入できる国内取引所はビットフライヤー!

CMでもお馴染み!ビットコインの取引量日本一bitFlyer
・2014年1月設立。(日本で一番歴史の長い取引所
国内最大手、ビットコイン取引量日本一。
世界一のセキュリティ評価を得た安心感のある取引所。[参考]
・最大500万円までの不正アクセス補償。
仮想通貨 Lisk(LSK)の取り扱いあり。
金融庁登録済みの仮想通貨取引所
ビットフライヤーは日本のビットコインなどを取り扱っている仮想通貨取引所の中で恐らく最も知名度があります。
成海璃子さんのCMでもお馴染みですね(^^)ビットフライヤーの長所はとにかく安心安全という面において世界一のセキュリティ評価を得ている事です。初心者に優しい信頼できる仮想通貨取引所(販売所)がビットフライヤーですね!

 

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。