当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


2018年6月2日、突如HitBTCからのメールにより仮想通貨界隈は騒然としました。

それは「HitBTCが今後日本の利用を停止するというアナウンス」

このページではHitBTCの取引停止概要とその対策の解説

そして今後私達日本人が再びHitBTCを利用できるようになるのかどうかについて考えてゆきます。

6月2日、HitBTCからのアナウンス内容

最初は、メールが届いた方と届いていない方がいたりしたことからフィッシングサイト疑惑がありましたが、

本日6月3日には公式サイトのインフォメーションに記載されましたので今回の日本移住者の取引停止の件は本当です。

■以下英文:公式アナウンスからの引用

Service Restriction
You shall not use our Services and immediately cease using those if you are a resident or become a resident at any time of the state or region, where HitBTC is not authorized to act (see cl.2.2.(g) of our Terms of Service
For the avoidance of any doubt and in accordance with the Japan Payment Services Act, HitBTC has temporarily suspended providing virtual (crypto) currency exchange services to residents of Japan. In case our technology detects that you use our Services from an IP address registered in Japan, or any other services registered in Japan, you would be asked to confirm that you are not a resident of Japan by providing information on you residency within KYC procedure. If you are not a resident of Japan and interested in opening a verified PRO account, you can do this with the help of our partner Sequant Capital Limited, an FCA-regulated UK broker company.”

日本語訳
あなたは当社のサービスを使用してはならず、HitBTCが行動することが許可されていない州または地域の居住者、または今後居住者になった場合には、これらのサービスを使用してはなりません。
HitBTCは、日本の決済サービス法に基づき、一時的に日本の住民に仮想(暗号化)通貨サービスを提供することを中止します。
日本で登録されたIPアドレスまたは日本国内に登録されている他のサービスからサービスを利用していることが検出された場合は、KYC手続内の居住に関する情報を提供して、あなたが日本の居住者ではなく、検証されたPROアカウントを開設することに興味がある場合は、FCA規制の英国のブローカー会社であるSequant Capital Limitedの助けを借りてこれを行うことができます。

日本の決済法に基づきHitBTCでは日本移住者の利用を一時的に停止する事になったとの事。

今後日本移住ユーザーであることや日本のネット回線のアクセスが検出された場合はHitBTCの利用は制限されます。

具体的にはアナウンスがあった6月2日から14日後の16日以降に利用が制限になるとの事。

ただし、日本人でも海外移住の方はパスポートとその国の移住証明書を16日までに提出すれば利用可能です。

HitBTCの利用停止になる16日までにやっておくべき事

海外移住の日本人ユーザーの場合

まず海外移住の日本人ユーザーであるならばHitBTCにパスポートIDと海外在住証明書を提出しましょう。

これを行えば問題ありません。

しかし反対にこれを忘れてしまうと16日以降取引が出来なくなるようなので面倒でも必ずやりましょう!

日本在住利用者の場合(ほぼ全員これ)

日本在住であればHitBTCが利用できなくなるのは決定事項です。

まずやるべき事としては

HitBTC内にある仮想通貨資産を移動させるということですね。

自分のウォレットや他の取引所に移しましょう。

最も安全な保管方法はハードウォレット!

 

イーサリアム系であればマイイーサウォレットに入れるのがいいでしょう。

 

他の通貨はHitBTC同様に取り扱いのある取引所に移しましょう。

 

大きな問題がノアコインやウィズコインのような通貨

しかしここで問題なのは「HitBTCでしか取り扱いのない通貨」

例えば保有している方が多いであろう有名な通貨だとノアコインやウィズコイン。

これらを扱う私達日本人が使える他の有名取引所が現状ないので移動しようにも移動できません。

とは言え移動しないまま16日が過ぎてしまえばその後売買が出来なくなるので強制ガチホになります。

この状態になるのは非常にリスクが大きいです。

いつ売買が出来るようになるかも分からず、利確も損切りもできなくなるのでその間は「何も使えない財産」になってしまいます。

このようなことがあるので多くのユーザーは16日までにHitBTCでしか取り扱いのない通貨に関してはBTCないしETHに変えて移動させると思われます。

そしてこのことから出来る予測としては、ノアコインやウィズコインは特に日本人保有者が多いので(というか日本人しか買っていないレベル)売り圧力が大きくなり価格が下落してゆく可能性が高いでしょう。

中には保有していなくて底で買いたいと考える方もいるとは思いますが「状況が状況」です。

私達日本人は底で買ったところでその後は取引停止の強制ガチホになるわけですからそこまでのリスクを背負ってまでノアコインやウィズコインを下で買おうとする方は非常に少ないはず、

そうなれば反発も弱くなるので下落するだけになると思われます。

当サイトとしては早めにBTCやETHに買えてHitBTCから資金を移動することをおすすめします。

HitBTCが今後日本人利用を再開する見込みはあるのか?

今後また私達日本在住者がHitBTCを使えるようになる再開の見込みですが、

あくまでも「日本の決済法に基づきHitBTCでは日本移住者の利用を一時的に停止

ということであり、HitBTCとしては早期再開出来るよう日本の金融庁とやり取りを進めてゆくとの事です。

日本人ユーザーの取引を全て遮断することはHitBTCの収益的には非常に大きなダメージになることを覚悟の上でやむ終えず一時的に停止にしていると見られますので、HitBTCが早く日本人ユーザーの利用を正式に可能な状態にしたいと必死になることも自然な事です。

世界から見ても日本は特に仮想通貨が盛り上がっている国の一つであり、国民が多額の資金を投入している状況ですので、日本人を遮断するのは本当はしたくなかったはず

現状日本の法整備や金融庁のメスが入り厳しく見ている事から今回HitBTCでは一時取引停止という処置を行ったのでしょう。

よって、遅かれ早かれいずれ再開するのではないかとは思います。

ただしこれはあくまで推測であり、もしかすると再開されることがないという可能性も大いにありますので、今HitBTCに置いている資産については先ほどの説明を踏まえた上で6月16日までに必ず対処するようにしましょう。

それでは本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

↓今後の細かな状況解説は以下のLINEでお送りします。

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。