当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


経済に影響する仮想通貨、ブロックチェーンの可能性

仮想通貨はここ数年で急激に成長しています。

特に2017年はビットコインを始めとした各通貨が爆発的に値上がりし、

仮想通貨市場が大きく成長・拡大した事から仮想通貨元年と言われました。

 

各取引所のTVCMや雑誌、広告など各メディアへの宣伝掲載によって仮想通貨は多くの人に認知され「仮想通貨」「ビットコイン」という言葉は誰もが聞いたことのあるフレーズとなっています。

とは言え、あくまで仮想通貨の存在が広まっただけであり、まだまだ一般に根付いているわけではありません。

 

仮想通貨は今後の生活を豊かにするための大きな可能性を秘めた革命的技術ですが、

実際に私達の生活の中で仮想通貨が金銭のやり取りとして使用されたり、

ブロックチェーンを始めとする仮想通貨を作っている技術が使われてゆくのはまだ先になるでしょう。

ブロックチェーンとは何か?
ブロックチェーンとは非中央集権の仮想通貨(暗号通貨)のほとんどを構築しているメインのテクノロジー。
複雑な暗号によって最初から最後まで全てのデータを繋ぎ合わせて正確な記録を残せる技術です。


引用:YouTube[IBMJapanChannel]

仮想通貨はブロックチェーン技術から生まれた金銭的価値の付くデータです。

仮想通貨の広がりはブロックチェーン技術の可能性に比例していると考えることが出来ます。

そしてブロックチェーン技術は金銭的な取引だけでなく、ありとあらゆる取引の利便性向上が期待出来ます。

世界は取引で成り立っているので、ブロックチェーン技術はそのすべての取引において効率的かつ不正のない、より良い世界を作りあげることの出来る可能性を秘めているのです。

 

そんな仮想通貨ですが、期待が大きい分これまでも経済学的な視点から様々な意見が飛び交い討論されてきましたので、

以下では仮想通貨が現在まで経済に与えてきた大きな影響について簡単にまとめてゆきます。

仮想通貨が経済に与えた影響

個人投資家の増加

ここ数年で仮想通貨が話題になり、仮想通貨投資に参入する日本人が急激に増加しました。

仮想通貨で投資に初めて取り組んでいるという投資初心者の方が非常に多く

これは日本の経済的な変化の中でも比較的大きな出来事です。

 

常に日本は他国に比べて投資経験者(投資家)が非常に少ない状態です。

それは義務教育の中に経済や金融教育がないからというのが大きな原因であり、

投資に関しての知識のなく興味も示さない方がほとんどでした。

 

また、投資に取り組もうと考えない理由はいくつかありますが、

一番大きな理由はやはりリスクをとるのが怖いという感覚でしょう。

 

これは日本人の国民性などの問題もありますが、

「投資=怖い」「投資=難しい」「投資=一般人はやるべきでない」

という考えが根付いているからです。

 

しかし、今までのこのような考え方を大きく変化させたのが「仮想通貨」です。

仮想通貨の登場により徐々に投資を始める人が増えていき、

現在では世界的に見てビットコインの日本人シェア率は50%にまで増加しました。

仮想通貨に対してのみ日本は世界の中でも最も国民の多くが興味を示して購入している国なのです。

 

おそらくあなたも最近では「仮想通貨」や「ビットコイン」などのワードを耳にすることが増えているのではないでしょうか?

2018年以降は国民の90%以上が「仮想通貨」「ビットコイン」という言葉についての認識がある状態です。

 

そして、中でも30代40代の日本人男性が仮想通貨マーケットの原動力になっています。

今の収入からプラスαの収益を作るために副業として始める方、少額から始められるから始めた方、一獲千金を狙おうとして始めた方など理由は様々ですが、仮想通貨市場に参入しているメインの一般層は、ある程度の経済力がある30代40代だと考えられます。

 

仮想通貨は今後私たちの生活に確実に影響を与えてゆきますので

その可能性に気が付いた人から今後も仮想通貨市場に参入してくる人は多くなるでしょう。

企業の仮想通貨決済の導入

仮想通貨の最大の特徴といえば、その「決済力」にあります。

そもそも仮想通貨は主に「決済・やり取りを不正なく円滑に進めるため」が目的となり開発されてました。

仮想通貨は国内だと楽天やNTT、リクルートなど、国外だとgoogle、アップル、マイクロソフト、IBM、ナスダックなど様々な企業が決済の手段として既に取り入れています。

企業が仮想通貨決済を取り入れる理由は様々あります。

送金の利便性

企業が仮想通貨を決済方法とするメリットは送金の利便性です。

今まで銀行のシステムを利用していたのに対して

仮想通貨を使うことによってより「速く」「安く」決済することが可能になります。

 

銀行の場合は営業日や営業時間が設けられ、その特定の時間内でないと送金が反映されません。

これは膨大な量の送金を日々行なっている大企業にとっては非常にデメリットになります。

 

一方仮想通貨で送金を行う場合は24時間365日送金できて反映も銀行に比べて圧倒的に早いです。

わざわざ銀行に振込に行くことなく休日でもタイムラグなしで決済してくれる仮想通貨は企業にとっても大変魅力的なものです。

手数料の安さ

もう一つの特徴は手数料の安さです。

企業の場合でも個人の場合でも決済手数料はバカにはできません。

 

例えばAmazonでクレジットカードを使用して買い物をしたとします。

この場合のAmazon側の負担する手数料は役5%です。

Amazonで買い物をする人のほとんどがクレジットカードで決済しているのが現状です。

しかしこのクレジットカードでの決済を仮想通貨の決済に変えるとamazon側の負担する手数料はほぼ0%になります。

つまり単純に今まで負担していたクレジットカードでの手数料の分だけ利益になるということです。

 

また、

仮想通貨の手数料や送金スピードにおいて特にメリットが大きくなるのが国際送金です。

 

通常日本から海外にお金を振り込むとなれば数千円もの手数料と、着金まで数日もの時間がかかります。

しかし、仮想通貨の場合は通貨の価値が全世界共通でありネット上で瞬時に処理されることから、

手数料が非常に安い上に、数秒から数十分で着金を完了することが出来ます。(通貨によって違いあり)

 

これは今まであり得なかった事ですので、

国際送金に仮想通貨を利用することはコスト的にも効率的にも大きなメリットとなります。

 

このように仮想通貨を決済方法として採用するメリットは多くあり、これから様々な企業が参入してくると予測されています。

中国の仮想通貨規制

現状、日本人の仮想通貨のシェア率が増加した一つの要因に、中国の仮想通貨規制があります。

もともと中国では国際通貨である人民元の国外流出を防ぐために厳しい外貨規制がありました。

しかし仮想通貨を購入することで、購入した仮想通貨を外貨に変え規制をくぐりぬけようとする国民が多くなりました。

中国では仮想通貨のマイニングが盛んに行われている事からも仮想通貨長者が多くいます。

また、国際通貨である人民元の下落傾向から、

人民元をビットコインを始めとした仮想通貨に変える人が増加したという事です。

 

しかし人民元の国外流出は中国経済のバブル崩壊の引き金になる可能性があるため中国政府は仮想通貨に対して規制を行いました。

当時の仮想通貨市場はほとんど中国人が占めていたため影響が非常に大きく仮想通貨のシェア率も激減しました。

さらに中国の取引所も一時封鎖され、ビットコインは一時的に暴落しました。

 

仮想通貨の成長スピードがあまりにも速すぎるため各国の法整備を整えることが間に合わず国が規制をかけるスピードが追い付かない状況ではありましたが、仮想通貨には大きな可能性があり今後将来を考えれば仮想通貨は受け入れられざる負えない技術だという事は周知の事実ですので、決して仮想通貨に対して拒絶しているわけではなく、各国法整備を整えている最中の過程として段階的に規制をかけていると認識しましょう。

 

仮想通貨は今までにない全く新しい技術であり、

お金の概念を覆す革命的な進歩ですので一時的に規制が入るのは仕方のないことです。

このようなことから今までの規制は決して仮想通貨の未来を閉ざしてしまうようなネガティブなものではないという事です。

 

ちなみに日本は比較的仮想通貨に対しての法整備が進んでいる国です。

仮想通貨市場において日本人保有率は大きくなっているため、

現状日本は仮想通貨のシェアにおいて世界一を目指せる段階まであると考えられます

ですから私達日本人は仮想通貨に対して前向きに捉えてゆくべきでしょう。

仮想通貨と経済についてのまとめ

このように仮想通貨はこれまで様々な影響を世界経済に与えてきました。

今後も仮想通貨自体が発展していくにつれて世界経済に対して常に大きな影響を与え続けていくでしょう。

 

現状、仮想通貨には目的・機能・性能の違う数千という種類の通貨があり、その中には将来に期待できる魅力的な通貨が沢山あります。

現状はまだ一般に認知されているのはビットコインだけですが、注目すべき仮想通貨はビットコインだけではありません。

 

このことから現状の仮想通貨の盛り上がりはまだまだ序章に過ぎず、

これからも大きく発展してゆく事で日本人の投資家(新規参入)が更に増加していくと予測されます。

 

数年後、数十年後に仮想通貨は私達にとってベーシックなものとなっていることでしょう。

そんな未来を担う新たなるテクノロジーを無視すべきではないため、

しっかりと勉強して知識を付けておくことをおススメします。

 

 

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。