当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


今回は仮想通貨STEEMを稼ぐことができるコンテンツプラットフォーム「steemit」について、仕組みと使い方を紹介したいと思います。

 

steemitの仕組みは?どうすればsteemをもらえるの?

steemit公式サイト

Steemitでsteemを稼ぐ使い方とその仕組みは

「steemitに記事を投稿してその記事に投票してもらう」というものになります。

しかし、実際に仮想通貨Steemを手に入れるまでには、記事を投稿して投票してもらう以外にもいくつかのプロセスを踏む必要があります。

また、記事を投稿する以外にも、記事を評価することで最終的に仮想通貨steemを得ることもできます。

ここでは、steemitに記事を投稿して、最終的にsteemをもらうまでのプロセスを、手順に従って紹介したいと思います。

記事を投稿するor記事を評価する

Steemitで仮想通貨をもらう仕組みとして、まず「記事を投稿」するか、「記事を評価」する必要があります。

記事を投稿して、評価(いいね)してもらったりコメントをもらったりすることにより報酬を得ることができます。

また、他人の記事を評価したり、コメントをしたりすることで報酬をもらうこともできます。

ここで重要なのは、「中身がダメでも記事を量産すればいい」というわけではないことです。

Steemitには、中身がダメな記事には報酬が発生しにくい仕組みが、以下の2つ存在します。

  • いいねやコメントにより、自分が他人に与えられる報酬には限度がある
  • 将来的にいい評価が集まる記事であればあるほど、より早く評価を与えた者はたくさん報酬をもらえる

この仕組みにより、記事を書く者はより良い記事を書こうとし、記事を評価する者はより良い記事をできるだけ早く評価しようとします。

つまり、Steemitで報酬を稼ぎたいのであれば、「より良い記事を書く」か、もしくは「将来的に評価が高くなりそうな記事を早く見つける」ということをする必要性があるのです。

この仕組みにより、steemitには参加者により洗練されたコンテンツが量産されるようになるのです。

報酬としてもらうsteempowerをsteemに交換する

記事を評価してもらったり、記事を評価したりすることにより

報酬として「steem power(SP)」と「steem blockchain dollars(SBD)」をもらうことができます。

報酬の割合はSPが50%、SBDが50%となっています。

Steemが欲しい場合、ユーザーはSPとsteemを交換する必要があります。

ただし、保有している1/13のSPをsteemへ交換するのに1週間の期間が必要となっています。

そのため、すべてのSPをsteemへ交換したい場合は3ヶ月間の期間を要します。

また、SPをたくさん保有していると、それに比例して評価による報酬も増加します。

Steemitの使い方

Steemitを利用するには、まずsteemitに登録をする必要があります。

ここでは、steemitに登録する手順を紹介します。

Steemitアカウント登録方法

アカウントを登録する際に必要な情報は「ユーザー名(本名じゃなくてOK)」「Eメールアドレス」「電話番号」です。

まず、下記のURLよりSteemitのアカウント登録ページへアクセスします。

steemit公式サイト

■「登録」をクリック後「Sign up for free」を選択します。

■アカウント名をアルファベット、数字、記号により設定します。

登録済みで登録ができないアカウント名の場合、「ほかのアカウント名を登録してください」とメッセージエラーが出ます。

 上のように、記入欄が赤く光った場合は別のアカウント名を用意する必要があります。

 上の画像のように、アカウント入力欄が緑に光った場合は、そのアカウント名を登録することができます。

 

■アカウント名が決まったら、continuityのボタンをクリックします。

■次に、メールアドレスを入力します。

入力が終わったら、continuityのボタンをクリックします。

 

ボタンをクリックすると、メールアドレス宛にメールが届きますので、URLをクリックします。

すると、携帯電話番号を入力するページが出てきます。

入力欄に携帯電話の番号を入力してボタンをクリックすると、携帯電話に認証番号がメッセージとして送信されてきます。

認証番号の入力を求められるので、入力すれば登録は完了です。

上の画像が出れば、登録は完了です。

 登録後はすぐには利用することができません。
1~3週間ほどでスパム・ボット審査が完了し、steemitを利用することができます。

steemitについてまとめ

Steemiは、その仕組みにより「より良い記事が評価され、皆に見られるようになる」というプラットフォームとなっています。

仮想通貨を稼ぐためではなく、ニュースや記事を見るためにも良いプラットフォームだと言えそうです。

Steemはその性質上、今後の爆上げなどを見越して保有するような通貨ではない気もしますが、通貨としては非常に面白いので注目してゆきたいですね^^

それでは本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。