2018年1月から始まったコインチェック騒動から1カ月経ち、新たな問題が出てきているのを皆さんはご存知でしょうか?

コインチェックが金融庁による仮想通貨交換業者に登録されてない原因、これはコインチェックで取り扱っている匿名性通貨にあるのではないかと去年から囁かれていました。

ハッキング問題から厳しく指導を受けているコインチェック。

となると・・・ そう!

匿名性通貨の代表格であるDASH(ダッシュ)・Monero(モネロ)・Zcash(ジーキャッシュ)が、コインチェックから消えてしまうかもしれないという問題が出てきているのです。

今回は匿名性通貨についてなぜ消えてしまう恐れがあるのかということを解説していきます。

 

匿名性通貨って何?

匿名性通貨とは簡単に言うと「お金の流れがわかりにくいように作られた仮想通貨」の事です。

ビットコインなどの非匿名性の仮想通貨は誰が誰にどれだけの金額を送ったかが記録として残り、所定のやり方をすれば誰でもそれを確認できます。※厳密に言うと「誰が」というよりは「どのアドレスに」です。

先月NEMがハッキングされた際も、どのアドレスに盗まれたNEMがあるのかなど犯人の足跡は全て辿ることが出来ましたね。これがブロックチェーンによって出来ている非匿名性通貨の強みなのですが、匿名性通貨の場合だとこれを辿るのが難しくなるわけです。

匿名性通貨は一長一短です。

何となくイメージ出来るかと思いますが、非匿名性通貨(ビットコインなど主な仮想通貨)の場合、取引所はアドレスと個人情報を紐づけしているので個人情報保護という点では少し弱い面があります。

そこで個人情報を保護しつつお金のやりとりができる仮想通貨として、匿名性通貨ができその代表としてDASH・Monero・Zcashの3つが挙げられています。

その反面、匿名になるという事は=悪用にも使いやすい通貨でもあるのが匿名性通貨の問題点です。

なぜ匿名性通貨が消えてしまう恐れが出てきているの?

今回のコインチェック騒動でダークウェブという匿名性の高いサイト(お金のやり取りに関する個人情報保護が高いサイト)の中で、さらに匿名性の高いDASHへ換金されたことによりうやむやになってしまいました。

金融庁はこのことから匿名性の高い仮想通貨を排除し、非匿名性通貨だけにするかもしれないという情報が広まっています。

税金の問題もあるのでお金のやりとりが不透明な匿名通貨は何かと使いづらいのです。

 

そもそも匿名通貨って必要なの?

一般人からすれば犯罪者のマネーロンダリング(資金洗浄)や違法な取引に使われやすい匿名性通貨はない方が良いようにも思いますが、実は企業にとってはとても有用なのです。

この情報化社会ではどこからどこにお金が流れたという情報だけでも、ライバル企業に意図を見抜かれて先手を打たれるといったことがあります。

今は投資目的なのでそこまで問題にはなっていませんが、元々仮想通貨はグローバルで低コストかつスピーディーにお金を流通させるのがメインの目的なので、一般人よりは企業向けに作られていると言えます。

情報を漏らさずに資金を移動させるというのは犯罪に使われることもありますが、優良な企業にとっても必要なのです。

 

匿名性通貨がなくなることはない。

グローバルに活躍する企業にとっては多額の資金を送金するために、従来の方法に比べて低コストでスピーディーに送金できる仮想通貨はとてもメリットがあります。これをまた一から作り上げるのはとても時間と労力とお金がかかります。

ですので何らかの規制がかかるのは十分ありますし3つの通貨の価格が大きく変動する可能性も否定できませんが、金融庁も匿名性通貨のメリットは十分理解している発言をしていることもあり、無くなったりはしないであろうという見解もあります。

※ただし注意が必要。

匿名性通貨は必要ですが3つもいらないのではないかということになれば、1~2つは日本での取扱いが禁止されることも可能性としてあり得ます。そして残ったものに需要が集中するということも自然な流れなので、投資をしている人からすれば見逃す手はないでしょう

 

匿名性通貨DASH・Monero・Zcashの特徴を超簡単に解説

もしどれかが消えどれかが残るとするなら、それは何なのか気になりますよね。

どうなるにせよそのものを知らない事にはわからないので、どれがどう違うのかを解説していきます。

重要になるのは個人を特定する「アドレス」、取引の記録である「送信履歴」、どれだけの仮想通貨を送ったかがわかる「数量」が他者からわかる状態にあるか否かです。そしてそのやり取りにかかる「時間」も実際に活用するには必要で、さらに1通貨量の価値を決める目安になる「発行上限」もそれぞれ違います。

DASH(ダッシュ)[DASH]

アドレス 分かる
送信履歴 分からない
数量 分かる
時間 1.3秒
発行上限 2200万枚

 

Monero(モネロ)[XMR]

アドレス 分かる
送信履歴 分からない
数量 分かる
時間 2分
発行上限 上限なし

 

Zcash(ジーキャッシュ)[ZEC]

アドレス 分からない
送信履歴 分からない
数量 分からない
時間 10分
発行上限 2100万枚

 

違いはまだありますがわかりやすいものはこれくらいでしょう。

 

匿名性通貨についてのまとめ

匿名性通貨は基本的には必要なので、何らかの規制を受けつつ使われ続けるというのが現実的だと思われます。

まだまだ将来性のある分野なのでしっかりとリスク管理をしながら取り組んでゆきましょう。

 

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

 
今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

AR技術とゲームクリエイターを応援するためのプロジェクトGeAR
こちらもエアドロップ有!Firopは世界的な水不足を解決するためのプロジェクト

 
これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で