この記事を読んでいるあなたはきっと仮想通貨に投資をしていこうと考え投資先を探している人だと思います。

今回注目してゆくのは「XCPトークン」というもので、ちょっと耳なじみのない仮想通貨でしょう。

発行量が他と比べると非常に少ないためマイナー通貨に位置しています。

しかしこのXCP(カウンターパーティー)には非常に注目し期待できる点が多々ありますので、

今回はXCPトークンの特徴や将来性をお伝えしていきます!

そもそもトークンって何?

トークンは2段階認証などでも使われる言葉で意味が多いのでややこしいですね。
ひとまずここで使われるトークンと2段階認証など他のトークンは別と考えてください。

暗号通貨(仮想通貨)とトークンはほぼ同じです。

 

厳密にはトークンには「カレンシータイプ」と「アセットタイプ」の2つがあります。

ビットコインなどは「カレンシータイプ」と呼ばれ管理するものがいないトークンでマイニングをすることができます。

 

XCPトークンというからややこしいですが、取引所ではXCPとだけで表記されています。

そしてもう一つが「アセットタイプ」という発行者や管理するものがいるトークンでマイニングはできません。

発行者の事業が良くなると価値も上がるので株式と似ている性質がありますね。

XCPはこちらのアセットタイプのトークンであり、カウンターパーティーという組織が発行しています。

 

仮想通貨 XCP(カウンターパーティー)

XCPには3つの特徴があって今後とても活躍することが期待されています。
その特徴とは次の3つです。

XPC(カウンターパーティー)の特徴
・トークンを作れる
・POB制度
・応用力が抜群!
カウンターパーティー公式サイト

XCPはトークンが作れる

ここから話がちょっとややこしくなってきますよ。

XCPは「他のトークンを作り出せるトークン」です。

現在、株式会社は株券を発行して現金を集めています。アセットタイプであるXCPもそうして発行されていますが、さらに現金の代わりにXCPを使って株券(トークン)を発行することができます。株券で株券を作っているような感じですね。

これの何がいいかと言いますと、手に入れたXCPの分誰でも独自のトークン(アセットタイプ)を作ることができます。そしてそれはXCPで価値を保証されているのが最大のメリットです。

 

実際使われている例を挙げるとぺぺキャッシュというトークンが作られています。これはレアペペというトレーディングカードゲームの中だけで使えるトークンで、カードの売買が主な用途ですね。しかもアセットタイプなのでこのカードゲームの人気が上がればぺぺキャッシュの価値も上がっていく、さらには元になっているXCPの価値も上がっていく可能性があります。

つまりXCPから作られたトークンの人気が上がれば、XCPの価値もドンドン上がっていくということです。

 

PoB制度

これはProof of Burn(プルーフオブバーン)という俗に「コインを燃やす」という行為でXCPが拡散したということを意味します。今の私たちには特別関係があるわけではありませんが、XCPの公平性やどれだけ誠実なのかをアピールする意味合いがあります。

XCP以外のトークンはそれを作り出した組織が、特に多くそのトークンを保有する傾向にあります。

当たり前と言えば当たり前ですが、円やドルなどの法定通貨は国がその責任の下で発行するので、例えば日銀で発行されている円は日銀が保管しているだけでそこにある円は公(おおやけ)のものです。

しかし仮想通貨は自分たちで発行し自由に分配(仲間内で分け合う)し所有権を持つことができます。

ちょっとずるいですよね。しかしPOB制度を使うとそれはできません。

今から仮想通貨を始める人に関係あるとすれば、XCPを発行しているカウンターパーティーという組織の人達はテザー社のような疑惑を持たれるようなことはしないであろうということですね。

金融庁の信頼のおける商品が登録されるホワイトリストにも載っています。

信頼できるというのは金融関係の商品にはとても重要です!

XCPトークンは応用力が抜群!

「トークンが作れる」ということの制限がなく企業だけでなく個人でも独自トークン作ることができ、今後アイデア次第でなんにでも使うことができます。あなたも作ってみませんか?笑

 

カウンターパーティー(XCP)の今後・将来性

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

XCPを投資にしようと思っている人にとって最も重要なのは今後XCPはどうなっていくかということですよね。

それは今後の需要にかかってきます。XCPを使ってトークンを作る人がドンドン出てくれば価値も上がり、さらにXCPで作られたトークンが活躍すればさらに上がりやすくなるでしょう。もちろん逆にもとることができます。

XCPは信頼性が高いのでトークンを作ろうとしている人からは真っ先に選ばれやすいのは確かだと思われます。

 

カウンターパーティー(XCP)を購入はZaifがおすすめ!

国内取引所ではXCPはZaif(ザイフ)でしか取り扱っていません。

通貨の種類も多く、圧倒的に手数料が安いのが魅力!
・2015年3月設立。
全通貨取引所売買可能(手数料安い・指値注文可能)
・ビットコイン取引手数料がマイナスです。(Maker-0.05%,Taker -0.01%)
積立サービスあり。金融庁登録済みの仮想通貨取引所
・COMSAで有名になったZaifトークンを始め、多くのトークンを売買することが可能。
Zaifはテックビューロの運営する仮想通貨取引所です。 テックビューロはNEMという仮想通貨をベースとした独自のブロックチェーンを持っていることから株式市場でも注目されている仮想通貨取引所です。 また仮想通貨積立ができたり様々なトークンも上場していたり、ほかの取引所にはない個性があるため人気です。「板」で売り買い出来るため、全取り扱い通貨指値注文可能かつ手数料は安いです!(売買を頻繁にする方は絶対に板取引)Zaifコイン積立など独自のサービスも構えているため必ず利用したい国内取引所です。

 

Zaifも利用者の多い国内大手取引所として有名ですね。

今後どうなっていくかは定かでないですが、あなたの大事なお金を信頼のないものに預けるのは賢い選択ではないですから、しっかりと調べて自分の目で見極めた上で最終的に購入する銘柄を選ぶことが本来の仮想通貨への取り組みです!

XCPなど期待できるホワイトリスト銘柄を多く取り扱うZaifの口座を持っていない場合は以下より口座開設手順を確認しながら手続きをしてくださいね^^

 

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

 
今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

AR技術とゲームクリエイターを応援するためのプロジェクトGeAR
こちらもエアドロップ有!Firopは世界的な水不足を解決するためのプロジェクト

 
これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で