仮想通貨は、ビットコインに連動はしていますが、それぞれ特徴のある開発をしているため、

その開発がプレイヤーにとって魅力的なものであればあるほど需要は高まります。

この需要の変化によってビットコイン自体の値動きとは少々異なる動きをする仮想通貨が出てくるのです。

今回主人公となるライトコインもまさにこう言った少々特殊な開発を進めている通貨。

特にライトコインは開発者のプレゼンスがかなり強い仮想通貨であり、アップデートが時流に乗りやすいという傾向にあります。

今回のアップデートでは、LitePayというものが作られるそうですがいったいどのようなものなのか?

それでは確認してゆきましょう。

 

過小評価されがちなライトコイン(Litecoin/LTC)

まずライトコイン(Litecoin/LTC)の概要を説明しておきましょう。

ライトコインは、2011年に開発された古い歴史を持つアルトコインとして知られています。

アルトコインの特徴は、ビットコインの欠点を補うために開発されたというその開発姿勢にあると言えます。

ビットコインの欠点とは、承認時間が10分と長いこと、そしてスケーラビリティ問題についていまだ解決の糸口が見えないということです。

この2つの点においてライトコインは当初からかなり積極的に対応してきました。

 

まず、承認時間については、ビットコインの1/4である2分半となっています。

また、スケーラビリティ問題については、EthereumやDashなどの主要なアルトコインの中でも

ライトコインはかなり早い段階からSegwitの導入を決めていました。

Segwitとは
ブロックチェーンに書きこむ情報そのものを圧縮してしまおうという技術で、今までの履歴を保存するブロックの大きさを変えることなく2倍以上もの履歴を保存できるようになります。

このようにライトコインはビットコインの弱点を明確に改良し続け、「ビットコインを金とすると、ライトコインは銀である」といったような、第二のビットコインとしてのポジションを取ろうと必死ですが、どうにも知名度が上がってきません。

理由としては、より早い承認速度を持つ仮想通貨が早期に開発されてしまったこと、そしてスケーラビリティ問題に対しては、以前決着がついていないこと、そして何よりも、ビットコインの影といったポジションであるため、ビットコインの値動きを追って値が動いてしまい、それ以上の高騰といった注目のタイミングがなかったことなどが挙げられます。

しかし、ライトコインはオルトコインの中でもかなり安定性のある仮想通貨であり、昔からの仮想通貨ファンの間では人気のある仮想通貨なのです。

ライトコイン(LTC)日本公式サイト

LitePayはライトコイン(Litecoin/LTC)の復活を印象付けられるか

こうした、技術的な開発を積極的に進めてきたライトコインですが、

ついに、ライトコインで決済が可能なLitePayを2018年2月にリリースすることが発表されました。

ビットコインやビットコインキャッシュで決済な可能な仕組みBitPayに次ぐ、第二の決済所(≒トランザクションプロセッサー)として注目を集めつつあります。

 

一般的に仮想通貨決済には、利用者が仮想通貨から現実の通貨に交換するまでの間に仮想通貨の価格が変動してしまうというリスクがあります。特にビットコインやビットコインキャッシュでは承認時間が10分であり、この10分の間に値段が変わってしまい、決済が難しくなってしまった例などはすでに問題として挙げられいるのです。しかも、2017年12月には、あまりにもプレイヤーが増えてしまった関係でトランザクションが十分に処理されなかったため、ビットコインの決済が1時間以上も処理待ちとなってしまい、大きな損失を受けたプレイヤーが出てきたというニュースもありました。

こうした変動リスクに対し、BitPayやLitePayといったトランザクションプロセッサーでは、決済と同時に、現実の通貨建てでの決済額が反映されるため、リスクを最小限に抑えることが出来ます。

さらに、ライトコインはSegwitの利用による情報圧縮に成功しているため、BitPayと比べて安い取引手数料で決済することが可能なのです。

こうしたライトコインの動きは、仮想通貨プレイヤーにとって頭の痛い問題の解決策として大いに受け入れられているのです。

 

ライトコイン(Litecoin/LTC)とトランザクションフィー

さらにライトコインの創設者であるリー氏は、今後のライトコインのアップグレード構想の中で、トランザクションフィーについての言及がありました。

現在では取引を行うプレイヤーが、トランザクションフィーについては決定権を持っています。一方、このリー氏の提言では、マイナーがトランザクションフィーを決定出来たら、より競争的な環境を作り出せるのではないかというのです。

この構想が実現すれば、トランザクションが多くマイナーに負担がかかる状況ではマイナーは高いトランザクションフィーを要求し、トランザクションが少なくマイナーの負担が少ない状況ではマイナーは低いフィーを設定するといった調整が自然とおこなわれるため、自発的に送金詰りが緩和されるというアイディアになります。

果たしてこの構想が上手くいくかは誰もわかりませんが、少なくともこうした自由な発想が生み出されるライトコインは、まだまだ注目し続ける必要があるということでしょう。

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の購入はビットフライヤーがおすすめです!

CMでもお馴染み!ビットコインの取引量日本一bitFlyer
・2014年1月設立。(日本で一番歴史の長い取引所
国内最大手、ビットコイン取引量日本一。
世界一のセキュリティ評価を得た安心感のある取引所。[参考]
・最大500万円までの不正アクセス補償。
・仮想通貨 ライトコイン(LTC)の取り扱いあり。
金融庁登録済みの仮想通貨取引所
ビットフライヤーは日本のビットコインなどを取り扱っている仮想通貨取引所の中で恐らく最も知名度があります。
成海璃子さんのCMでもお馴染みですね(^^)ビットフライヤーの長所はとにかく安心安全という面において世界一のセキュリティ評価を得ている事です。初心者に優しい信頼できる仮想通貨取引所(販売所)がビットフライヤーですね!

 

それでは本日も記事を読んでいただきありがとうございました!

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

こちらもエアドロップ有!Firopは世界的な水不足を解決するためのプロジェクト
AR技術とゲームクリエイターを応援するためのプロジェクトGeAR

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で