当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


ウォルトン(Waltonchain/WTC)とは

Waltonchain(ウォルトン)とは、2016年11月に公開された通貨です。

2011年11月30日に亡くなった発明家、チャーリー・ウォルトン氏に名前の由来があります。

Waltonchain(ウォルトン)では、RFID技術とブロックチェーン技術を組み合わせることでIoTネットワークを創生しようとしています。

国内の取引所では、2018年3月現在、Waltonchainは扱われておりません。

Waltonchainへの投資を検討する場合は、BinanceKucoinなどの海外仮想通貨取引所をご覧ください。

RFIDとは

「Radio Frequency Idntification」の略であり、

無線通信を使用して人やモノの情報を読み書きし、自動認識するシステムのことです。

身近な例として分かりやすいものは、

SuicaやPASMOなどの公共機関に乗る際のICカードであったり、

社員証やコンビニなどで使うことができる電子マネーが挙げられます。

RFIDは現代の我々にとっては欠かすことのできない技術です。

このRFID技術を発明したのが前述のチャーリー・ウォルトン氏なのです。

IoTとは

「Internet of Things」の略で、

あらゆるモノがインターネットに接続して情報交換をすることで、

相互に制御をしあったり人間の生活を便利にすることを指します。

最近ではエアコンやテレビ、冷蔵庫など家電製品とインターネットが密接に関わるようになってきました。

ウォルトン(Waltonchain/WTC)でできること、特徴

公式のプロモーションビデオです。

 

Waltonchain(ウォルトン)の主な目的は、RFIDとブロックチェーンの技術の両方を組み合わせて、サプライチェーンを管理することです。

サプライチェーンを分散化し、製品の流通履歴に関する情報を提供し、ネットワークに保管することを目的とします。

在庫管理に特化したブロックチェーン

Waltonchain(ウォルトン)は服などのアイテムにつけるための小型のRFIDタグを作成しています。

各タグには、ブロックチェーンに記録された情報で簡単に読み取れる独自のIDが用意されていて、インターネット上にあるブロックチェーンで商品を追跡することで、メーカー側は流通管理を安く、そして効率的に改善し、商品の信頼性を保証することができるようになります。

販売側も在庫を管理するのにWaltonchain(ウォルトン)を有効活用できます。

小売店は各IDをスキャンすることで、どういった種類やサイズの在庫があるのかをすぐチェックすることができます。

洋服やシューズの販売店をイメージしてみてください。店員スタッフの業務の効率化が目に浮かびます。

また、買い物客が現実世界上で閲覧した回数などを把握することもできるので、マーケティング活動にも有効活用できるでしょう。

ウォルトン(Waltonchain/WTC)のロードマップ

Waltonchain(ウォルトン)ではビジョンの実現のために4つのフェーズに分けロードマップを敷いています。

Waltonchain フェーズ1

フェーズ1では、RFIDに基づいた衣服での購買活動に役立つシステムを創設しました。

Waltonchain フェーズ2

フェーズ2では、RFIDのチップが大量生産され、衣料品やなどの小売品の物流に活用されていきます。価格設定、発注、梱包と保管、仕分けと流通、店舗管理、派遣などのマルチシナリオブロックチェーンのデータ構造を照合することによって、ロジスティクス業界全体のビジネスプロセスを改善することができます。

Waltonchain フェーズ3

フェーズ3では、メーカー側が素材となる材料と生産品質を検証し、品質問題の原因を追跡することができるようになります。

Waltonchain フェーズ4

ハードウェアのアップグレードと反復及びブロックチェーンのデータ構造改善により、資産所有、商品トレーサビリティ、取引伝票の問題を解決することができます。

ウォルトン(Waltonchain/WTC)の将来性

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

Waltonchain(ウォルトン)が掲げているプロジェクトの目的は、

「製造と流通、管理までをスムーズにそして透明に行うようにする」ということです。

これは世界中で活用可能で必要とされるシステムであり、

プロジェクトが順調に進めばさらなる展開も見えてくるはずです。

 

IoTと深い関係のある仮想通貨「アイオータ(IOTA)」などの価格高騰などを考えれば、

今後ウォルトチェーンも将来性がある仮想通貨であると言えるのではないでしょうか。

ウォルトン(Waltonchain/WTC)がどのように化けるか楽しみですね!

(Waltonchain/WTC)を購入出来るおすすめ取引所はバイナンス

取引高世界一、世界中の人が使う仮想通貨取引所!
ウォルトン(Waltonchain/WTC)の取り扱いあり
取り扱いの銘柄数が超豊富かつ手数料が0.1%と業界でも最安レベルなので海外取引所はBinance(バイナンス)だけあれば大抵対応可能です。また、バイナンスはハードフォークにもかなり柔軟に対応してくれているので、ビットコインなど各通貨のハードフォークなどが行われる際にはバイナンスに置いておくことをおすすめします。
バイナンスは日本語対応(専用Google翻訳)をしており、日本の取引所と違って速攻口座開設して利用出来ます。

 

それでは本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。