当サイトの取引所ランキング1位はbitbankです。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで


仮想通貨 アイコン(ICON/ICX)とは

アイコン(ICON/ICX)とは、2017年9月に公開された韓国発の比較的新しい仮想通貨です。

略称は「ICX」となります。

ICO時には1日で発行分のコインが完売されてしまい、発表当初から期待が持たれる仮想通貨となります。

大まかな特徴としては、イーサリアムと似ており韓国版イーサリアムなどと呼ばれることもあります。

2017年3月現在、国内の仮想通貨取引所では公開されていないため、海外取引所であるBinance、HitBTCなどでの取引となります。

アイコン(ICON/ICX)でできること、特徴

ICONでは、多様なブロックチェーンでできあがったコミュニティを非中央集権型のネットワーク化させることを目指しています。

具体的なシーンをイメージすると、

韓国国内ではすでに銀行、証券、保険、病院、大学、E-Commerceなど多様なコミュニティとつながっており、ブロックチェーンID、決済及び取引などの分散型アプリケーション(DAPPs)サービスは、特定のコミュニティの垣根を超えて使用することができます。

ICONを介して証券会社で発行されたブロックチェーンIDを使用することで、他のコミュニティで安全に電子署名を行うことができるほか、病院で支給されたコインを使用して、他のコミュニティで支払いと両替をすることもできます。

ICON Nexusによるブロックチェーン間の橋渡し

ICON Nexusというブロックチェーンを開発し、

異なるブロックチェーンコミュニティの橋渡しをする役割を果たすことを最終的に目指しています。

ICONネットワークは独立したブロックチェーンコミュニティが繋がることで出来上がります。

異なる多数のブロックチェーンがポータル経由でNexusに接続され、より大きなコミュニティーを形成することが可能となります。

ICOプラットフォームとしての機能

主要な特徴はイーサリアムと同様ですから、スマートコントラクト機能を搭載しているため、ICOプラットフォームとしても機能をします。

SCORE(Smart Contract ON Reliable Environment)よいう独自のスマートコントラクトを採用しており、仮想マシンなしでのノード操作環境で直接実行をすることができます。

これにより様々なアプリケーションを開発する際の手数を少なくすることができ、開発を容易に進めることができるようにしています。

C-NodeとC-rep

ICONには証券会社や病院、銀行など産業界ごとにコミュニティと呼ばれる階層構造が存在します。

そのコミュニティに参加しているノードをC-Nodeと呼び、C-Nodeがコミュニティ単位でのブロックチェーンの運営を行います。

そしてそのC-Nodeの中にC-repと呼ばれる代表者が存在します。

C-repはC-Node内の投票によって決められます。

このC-repはさらに上位概念であるICON Republicの統治に参加することになります。

ICONのトークンの発行は、マイニングなどでできるわけではなく、C-repの協議によって決まるなど、非常に重要な役目を果たすこととなります。

アイコン(ICON/ICX)のロードマップ

ICONのロードマップを紹介していきます。

2017 4Q

…ICO(済み)
ICXの上場(済み)
金融投資コンソーシアム:ブロックチェーンIDサービスオープン
U-coinパイロットサービスオープン(3大学)
保険:ブロックチェーンベースの自動保険給付支払いパイロットサービスオープン

2018 1Q

…DEX Reserve Pool の主要暗号通貨への拡大
ブロックチェーンネットワークとのパートナーシップ拡大

2018 2Q

…U-coin拡大:10大学
…金融投資コンソーシアム:セカンドサービスローンチ

アイコン(ICON/ICX)の将来性

※上記は今現在の価格がリアルタイムで反映されています。

 

ICONの将来性について考えてみたいと思います。

ICOプラットフォームとしての価値向上

ICOプラットフォームとして、今後様々なICO案件とともに合わせて話題となったり、ICO自身の価値が上昇する可能性が考えられます。

中国版イーサリアムNEOの動きからの推測

イーサリアムと似た機能を持つ中国発のNEOは、1年間で40倍以上の上昇を見せました。

NEO上で様々な開発がなされDAppsが作られたためと考えられます。

同じようにICONのプラットフォーム上でも様々なDAppsが開発されれば今後の価値向上に期待が持てます。

ビットコインとの非連動性

数あるアルトコインの特徴として、基軸通貨であるビットコインの値が下がると連動して価格が下落するという事象が散見されました。

しかし、ICONはビットコインの値動きとの連動がほとんどなく、この値動きはNEOと似ているため、NEOと同様の動きになれば更なる価値向上に期待が持てます。

アイコン(ICON/ICX)を購入出来るおすすめ取引所はバイナンス

取引高世界一、世界中の人が使う仮想通貨取引所!
アイコン(ICON/ICX)の取り扱いあり
※バイナンスではICHと表記されます※
取り扱いの銘柄数が超豊富かつ手数料が0.1%と業界でも最安レベルなので海外取引所はBinance(バイナンス)だけあれば大抵対応可能です。また、バイナンスはハードフォークにもかなり柔軟に対応してくれているので、ビットコインなど各通貨のハードフォークなどが行われる際にはバイナンスに置いておくことをおすすめします。
バイナンスは日本語対応(専用Google翻訳)をしており、日本の取引所と違って速攻口座開設して利用出来ます。

 

 

中国版イーサリアムがNEO、韓国版イーサリアムがICONときてますが、2018年現在、日本版イーサリアムと呼べる通貨は現在ありません(笑)

日本は仮想通貨が盛んなのに対して、日本初の仮想通貨はほとんどないのが少し残念なところ。

有名なものはモナーコイン、ビットゼニー、オタクコインと、すべてオタクカルチャーにまつわる通貨です(^^;)

今後どこかの企業がイーサリアムを上回る、もしくはイーサリアムでは出来ない事を可能にする日本版イーサリアムと呼ばれるような通貨を開発するかもしれません。

ICONやNEOのように各国の仮想通貨を比べてみても面白いですね!

 

それでは本日も記事をお読みいただきありがとうございました。

fa-hand-o-upLINE@でしかお伝えしない極秘情報もお受け取りください

今が旬の仮想通貨情報について書いた管理人オススメ記事

中央管理者のいないライブストリーミングサービスを作るFREAKSTREAM

これからはじめる仮想通貨初心者の方向け入門記事

仮想通貨初心者の方はまず最初に以下の記事を読んで基礎の勉強をしましょう!
 仮想通貨の基本的な知識から投資としての向き合い方、売買の方法などをまとめています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! しよう

Twitter で
 仮想通貨において基本的な専門用語の意味が分からない場合は「簡単Q&Aページをご覧ください。